COMPETITION

9/17(火)19:00~20:30@Loftwork渋谷10F

【参加者募集!】クリエイティビティを刺激する

LEXUS DESIGN AWARD 2020トークイベント 

「デザイン・テクノロジーによる社会の未来の描き方」

ライゾマティクス・アーキテクチャー 齋藤精一氏、デザインスタジオYOYの小野直紀氏、空間デザイナー 吉添裕人氏を迎えて、デザインとテクノロジーの融合から見えてくる未来への可能性を語る!

参加無料。刺激を求める若手クリエイターの皆様、ぜひご応募ください!


開催概要

開催日時

2019年9月17日(火)

19:00~20:30(受付開始:18:45)

募集人数

50名(先着順)

参加条件

デザイン、テクノロジーに関心のある18歳以上の方

参加費用

無料

開催場所

Loftwork 渋谷 10F COOOP10

150-0043 東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア10F

応募方法

応募フォームよりお申し込み

注意事項

※プログラムは、予告なく変更される場合があります

※イベント当日のお座席についても、先着順でのご案内となります。

※記録・広報などを目的として、イベントの様子を写真や動画で撮影する場合があります。あらかじめご了承ください。

若手クリエイターの支援・育成を目的に創設された国際デザインコンペ「レクサス・デザイン・アワード」を主催するLexus Internationalが、ライゾマティクス・アーキテクチャー 齋藤精一氏を迎えたトークイベント「デザイン・テクノロジーによる社会の未来の描き方」を開催します。

さらに、デザインスタジオYOYの小野直紀氏、2017年にレクサス・デザイン・アワードでグランプリを獲得した空間デザイナー 吉添裕人氏を迎え「世界へ挑む、未来を描く若手クリエイター対談」と題し、世界に挑戦する若手クリエイターの可能性を語るパネルディスカッションを開催します。

登壇者

齋藤 精一/ ライゾマティクス・アーキテクチャー主宰

lexus_seiichi_saito_1867.jpg?mtime=20190903215355#asset:8844392


1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。その後Arnell Groupにてクリエイティブ職に携わり、2003年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。その後フリーランスのクリエイターとして活躍後、2006年に株式会社ライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブの作品を多数作り続けている。

現在、2018-19年グッドデザイン賞審査委員副委員長、ドバイ万博クリエイティブアドバイザー。

小野 直紀 / YOYデザイナー


lexus_onoa_naoki.png?mtime=20190903215352#asset:8844289


1981年生まれ。2008年京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科建築設計専攻卒業。2011年にプロダクトデザイナーの山本侑樹とともにデザインスタジオYOY(ヨイ)を設立。「空間とモノの間」をテーマに家具や照明、インテリアのデザインを行う。2012年よりミラノサローネに8年連続で出展。その作品はMoMAはじめ世界中で販売され、Red Dot Award、NYC x DESIGN Awardsなど国内外で多くの賞を受賞している。2015年より武蔵野美術大学非常勤講師。


吉添 裕人 / 空間デザイナー

lexus_hirotoyoshizoe_wide_fin.jpg?mtime=20190903215350#asset:8844388


武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業。インテリアデザイン会社にてデザイン職を経験した後、独立。現在は空間デザイナーとして東京を拠点にホテルやレストラン、ショッピングモール等のアートワークや特殊造作、特注建築建材の原図提供等、商業空間の特徴的な構成要素のデザインを担っており、独立後に携わったプロジェクト数は200を超える。

また近年、クライアントワークとは異なる個人制作を行っており、その作品はLEXUS DESIGN AWARD 2016 にてPanel winner / 2017にてGrand Prix winnerを受賞。2018年にはアメリカの建築誌dwellが選ぶ注目の若手デザイナーdwell24に選出されている。



プログラム

  •  「LEXUS DESIGN AWARD」の紹介

  •  「デザイン・テクノロジーによる社会の未来の描き方」

    登壇者:齋藤 精一 / ライゾマティクス・アーキテクチャー主宰

  •  パネルディスカッション:「世界へ挑む、未来を描く若手クリエイター対談」

    登壇者:齋藤 精一 / ライゾマティクス・アーキテクチャー主宰

    小野 直紀 / YOYデザイナー

    吉添 裕人 / 空間デザイナー

主催

協力

応募方法

お申込み前に開催概要を必ずご確認ください。

LEXUS DESIGN AWARDについて

革新的なアイデアで未来を創造する新たな才能との出会い 

レクサス・デザイン・アワードは、全世界から多数の応募を集める、注目のデザインコンペティションです。

LEXUSが標榜する「挑戦するデザイン」のマインドを基に、革新的なアイデアで豊かな社会や、よりよい未来を創造する気鋭のクリエイターを、発掘・育成することを目的に2013年に創設されました。

 ※レクサス・デザイン・アワード2020は、現在作応募受付中です。 詳細はレクサスデザインアワードのHPをご覧ください。

戻る