COMPETITION

「体験のデザイン」としての総合芸術=xRを学ぶ。 あたらしい表現の学校「NEWVIEW SCHOOL」第2期開講!

NEWVIEW SCHOOLは、これまでにない体験をデザインする、「総合芸術としてのxR」を学ぶ、あたらしい表現の学校。第2期はVRとAR両輪のカリキュラムにアップデート。多彩な講師陣からxR表現のための本質的な考え方=<xRであることが目的化するのではなく、「xRである理由」を考えながら作るための思想>を学び、次の時代のクリエイションを担う力を手に入れてください。

技術分野としてのxR(VR/AR/MR)の広がりはめざましく、5G時代の到来を期にさまざまなトライアルが行われ、次々に作品が生まれています。しかし、あたらしい表現は、市民権を得るほど空洞化する傾向にあるのも世の常。ただ形式をなぞっただけの、本質的にまったく新しいとは言えないものが溢れるようになってしまっては意味がありません。

NEWVIEW SCHOOLでは、同時代のデジタル技術や思考を取り入れて新しい表現・体験をデザインする第一線の講師陣を迎え、仮想現実・拡張現実・複合現実における本質的な思考と表現を養うカリキュラムを組んでいます。今期はオンラインで行い、全国の受講クリエイターとともに実験と実践を繰り返します。いまだ黎明期にあるこの分野に”実”をともなった多様性を創出し、次の時代を代表していくようなクリエイションの種を世界にまくことを、私たちは目指しています。

実施概要

NEWVIEW SCHOOLの第2期はオンラインで開講。全国より受講可能です。

-----

NEWVIEW SCHOOL 2020 第2期

【日時】:7/4(土)~(全14回) すべて16:00〜19:00

※7/4(土)、7/11(土)、7/18(土)、7/25(土)、8/1(土)、8/8(土)、8/15(土)、8/22(土)、8/29(土)、9/5(土)、9/12(土)、9/26(土)、10/10(土)、10/17(土)

【会場】:「Zoom」を使用したオンライン講義

【事務局】:「TIMEMACHINE(タイムマシン)」(東京都新宿区1-34-3 第24スカイビル3階)

※講義はオンラインにて行います。コロナの状況を見てリアル会場も併用予定です

【定員】:40名

※学生インターンシップ:5名予定(レポートの作成など、事務局とともに運営の一部をご担当いただきます。講義の受講料は免除となります)

【受講料】:50,000円(税込)

※講義一式の料金です。

※一部講義に必要なソフトウェア等をご購入いただきます。1万円以下を想定

【事前説明会】:受講を検討されている方への事前の説明会を2020/6/3(水)にオンラインで開催します。

詳細はこちら


講義の特徴

01:あたらしい表現を探求する多彩なクリエイターが講師に

講師は、同時代のデジタル技術や思考を果敢に取り入れ、あたらしい表現の開拓を続ける第一線のクリエイター陣。インプットとアウトプットを繰り返し、次の時代のクリエイションを担う力を養います。

講師/サポーター紹介


02:「STYLY」「Unity」を使いVRとARを両輪で習得

習得・活用ツールは、VR/AR制作・配信のプラットフォーム「STYLY」と、「Unity」。表現面では、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)を両輪で学んでいきます。※「STYLY」「Unity」を使った作品制作は受講前にオンラインで学べる環境を用意します。


03:卒業制作としてNEWVIEW AWARDSにエントリー

卒業制作として、2019年には世界8ヶ国から合計254作品の応募(関連アワード含む)を記録した「NEWVIEW AWARDS」へのエントリーを行います。昨年は本スクールから2名の受賞者、8名のファイナリストを輩出しています。

昨年の受講生の作品を見る

昨年のファイナリストを見る



講師/サポーター紹介

■ゼミ講師

ゼミ講師は講義のほか、受講生の作品制作へのフィードバックを行い、作品の表現と体験の質を高める指導も担います。

  • 菅 俊一(コグニティブ・デザイナー )
  • 谷口 暁彦(アーティスト)
  • 北千住デザイン(プログラマー/ARクリエーター)
  • 比嘉 了(ヴィジュアル・アーティストプログラマー)

■ゲスト講師

多彩なジャンルのゲスト講師から特化した学びを得て、思考と表現の本質と幅を習得します。

  • 伊藤 ガビン(編集者)
  • 田丸 雅智(ショートショート作家)
  • 小泉 明郎(美術家)

■テクニカルサポーター

作品制作における技術面でのサポートは、テクニカルサポーターが行い、課題の解決を支援します。

  • Yosh(クリエイティブディレクター)
  • Discont(VR空間デザイナー)

詳細プロフィールはこちら


次世代のクリエイターを育成する4つの仕組み

01:VR・AR両輪のカリキュラム

3次元空間で体験をデザインするための基礎講座からはじめ、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の作品表現を両輪で習得していきます。

02:ツールの基礎の事前履修

制作ツール「STYLY」「Unity」を使った作品制作方法はオンラインで事前履修できる環境を用意。講義では表現の研鑽と作品制作に集中できます。

03:ゼミ制度

第一線で活躍するクリエイターがゼミ講師を担当。受講生の作品へのフィードバックを行い、作品の質を高めていきます。

04:テクニカルサポート

「STYLY」「Unity」の技術面でのサポートは、テクニカルサポーターが行い、受講生の課題解決を支援します。


実施カリキュラム

6/3 Wed事前オンライン説明会(申込はこちら
7/4 Sat開校式・オリエンテーション
7/11 Sat基礎講座:3次元空間表現とは(講師:伊藤 ガビン)
7/18 Sat基礎講座:ストーリーテリング(講師:田丸 雅智)
7/25 Sat 基礎講座:知覚(講師:菅 俊一)
8/1 Sat 企画のプレゼンテーション(受講生課題)
8/8 Sat 応用・表現講座:VR【仮想現実】表現と体験のデザイン1(講師:谷口 暁彦)
8/15 Sat 応用・表現講座:VR【仮想現実】表現と体験のデザイン2(講師:小泉 明郎)
8/22 Sat応用・表現講座:AR【拡張現実】表現と体験のデザイン1(講師:北千住デザイン)
8/29 Sat応用・表現講座:AR【拡張現実】表現と体験のデザイン(講師:比嘉 了)
9/5 Satゼミ:作品中間発表
9/12 Sat ゼミ:作品のブラッシュアップ
9/26 Sat ゼミ:作品のブラッシュアップ
10/10 Sat ゼミ:作品講評
10/17 Sat アワードエントリーに向けた作品制作サポート


エントリー方法

■受講確定までの流れ

1.募集期間

2020年5月18日 (月)13:00~2020年6月12日(金)17:00

2.選考結果および受講規約と受講料支払いのご連絡(6/16〜)

6/16(火)以降に選考結果の連絡に合わせて、当選者には受講規約と受講料の支払いおよび事前履修オンラインカリキュラムに関する連絡を差し上げます。選考の結果は、6/16(火)以降、個別に連絡を差し上げます。※学生インターンシップの当選に関しても、6/16(火)以降に連絡を差し上げます。

3.受講規約への同意と入金(当選後1週間以内)

当選者は、受講規約への同意と、受講料の入金をもって受講の確定となります。 受講料はご案内後1週間以内の入金をお願い致します。

4.受講確定

受講規約への同意と、受講料の入金の確認が取れ次第、受講確定となります。


    ■エントリー条件

    • PCをお持ちの方
      ※受講にはPC持参が必須です。STYLY (STYLY Studio) の推奨動作環境は次の通りです。OS:Windows(64bit)、Mac GPU:discrete GPU (NVIDIA、 AMD)、Intel →詳しくはこちら
    • 卒業制作として「NEWVIEW AWARDS 2020」への作品応募
    • 「STYLY」「Unity」のオンラインカリキュラムを開講式までに終えていること
      ※申し込み後、受講が確定された方に案内します
    • オンライン受講に必要なネットワーク環境がご用意できる方


    ■応募フォーム記入項目

    • 志望動機(300字程度)
    • NEWVIEW SCHOOLを通じてどんなチャレンジをしたいですか?(300字程度)
    • 好きな作品を教えてください(300字程度)


    ■応募締め切り

    • 応募締め切りは、6/12(金)17:00とします。
    • 選考の結果は、6/16(火)以降、個別に連絡を差し上げます。


    ■キャンセルポリシー

    • 受講をキャンセルする場合は、一週間以内にその旨のご連絡をお願い致します。
    • 受講可能の案内後、1週間以内の入金確認がとれない場合かつ、受講の意思確認が取れない場合はキャンセルとみなし、次点の方の繰り上げを行わせていただきます。

    上記、受講確定までの流れとキャンセルポリシーに同意して応募するものとします。

    ※フォームはGoogleフォームを使用しています。事前にGoogleアカウントでのログインをお願い致します。


    応募する

    ※フォームはGoogleフォームを使用しています。事前にGoogleアカウントでのログインをお願い致します。


    主催

    株式会社Psychic VR Lab



      お問い合わせ

      前へ

      followを解除しました。