COMPETITION

商品の背景にあるストーリーに触れ、パッケージにその魅力を込める

まさに潮と潮がぶつかる豊かな潮目を象徴する「USIO」プロジェクト。石垣島や日本国内にとどまらず、台湾をはじめとした海外からも多数の応募があり、学生からプロのデザイナーまで幅広い応募者から、背景にあるストーリーや作り手の想いを表現した431点の作品が集まりました。

世界中から集結したデザインを異なる視点からジャッジ

どれも斬新で魅力的な作品ばかり。全審査員一致で即座に決定したデザインもあれば、最後まで意見が分かれ、「2つのデザインで試験的にどちらが売れるのか調査してもよいのでは」といった意見が出るほど選考に困難を極めたプロダクトもありました。

優れたデザインが多いだけに結論を出すのは容易ではありませんでしたが、地域×デザインの取り組みならではの一面も。「台湾から見た日本的なデザイン」「東京では生まれないデザイン」「石垣らしい民家にすれば」・・・と審査員それぞれの拠点フィールドからの視点やアイデアが交錯し、たいへん興味深い審査会となりました。

最終的に、石垣島の特徴を忠実に盛り込んだ表現力、国内外を見込んだターゲットへのプレゼンテーション力、製法や業者提示コストとのバランス、そして何より審査員をあっと言わせる際立つ個性が選出のポイントとなり、以下10点の採用が決定しました。

採用作品

Title

01.石垣の塩

Creator

IDEA N DESIGNさん

Concept

コンセプト:

塩の結晶格子をモチーフにしました。海水塩も海産物であることから、「海っぽさ」や「浜っぽさ」を表現しました。外装は高品質感を出すため、カマンベールチーズの箱のような円柱の紙製で提案します。湿気対策が必要な場合は、箱内で塩をビニル袋等で梱包します。

  • Judge’s comment: 離島経済新聞 鯨本氏

    どの島にも「塩」のお土産はある。なので、少なくとも「石垣島」であることが際立つことが非常に重要で、かつ若い人に受けそうなデザインなのが良い。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    側面のパターンが浴衣に見え、和風に感じる。こういった塩のパッケージはあまりないのでインパクトがあっていいと思う。モダンな感じを与える。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    都市部の高級スーパーなどにも並びうる力がある高級感が良い。キッチンで料理するときに手元に置いておきたくなるような良質なデザインに仕上がっている。

  • Judge’s comment: ロフトワーク 林

    すごくシンプルだけど使いやすそうだし自分でも欲しい。お土産で買って帰りたい。

Title

02.琉球泡盛「月虹」

Creator

羽室 吉隆さん

Concept

30日の月の周期の中で、空から海へ、海から島へ、そして島から材料へそして泡盛(月虹)へと、すべてを凝縮してひとつの泡盛が完成していく様子を表しています。

  • Judge’s comment: 離島経済新聞 鯨本氏

    島にはあらゆる酒があるが、島焼酎とか琉球泡盛の中でも見たことがないデザインで印象的。パッケージの箱もよく見ると月の満ち欠けや波など細かなところもデザインされているのがすごく面白い。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    台湾に原住民族がいるが、その民族柄に似ている。こういったパターンは伝統的なイメージが強くていいと思う

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    東京ではなかなか生まれないデザイン。

  • Judge’s comment: ロフトワーク 林

    審査員メンバー全員の意見が一致した。たくさんの応募作品の中でも際立っていた証拠。

Title

03.石垣島のパインアップル

Creator

いしがみ あきよし(Graphika Inc.)さん

Concept

石垣島産のパインアップルとしてパッケージを含め広く認知されていけるように心がけデザインしました。他の産地と差別化しあえてパインアップルの写真やイラストなどは使わず、果実そのものの個性を生かしたパッケージとして、見た人に印象づけられればと思います。デザインシンボルとして丸の中にパインアップルの漢字「鳳梨」の「鳳」の文字を置き、産地である石垣島のシルエットをポイントでサイドに配置しています。
島の果実を持って帰ってもらえる様に、1つ入りのパッケージは冠芽(上部緑部分)をそのまま出し果実を大切に覆うパッケージにし、果実(冠芽)込みでのデザインにしております。冠芽部分に二つ折りの紙タグ(外・緑色/中面・黄色)を付属でつけ、石垣島のパインアップルの歴史や甘くておいしい理由、生産者の思いを記せればと思います。2つ入り箱はケーキのような止め方の段ボールにし、サイドには手持ちの穴をあけています。
採れたての「島の果実」を、明るい黄色のストライプとシンボルロゴでブランディングと知名度向上をはかり、お土産としても島内外の方が持って帰ってもらえるデザインを目指しました。

  • Judge’s comment: 離島経済新聞 鯨本氏

    かわいいし、構造としてパインを守ってくれそうな感じがあるので持ち帰りにも傷まなくて良いのでは。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    パインアップルは台湾や東南アジアにもたくさんあるためその差別化が必要で、地域の特徴に加えて日本のイメージを加えるのがいいのでは。台湾では漢字を丸囲みしたタイポグラフィを「日本的」と感じるのでとても良い。また石垣のパインは葉の部分が整っていてきれいだと感じるので、それを活かせるデザインなのでは。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    オシャレ過ぎないし面白いと思う。持ち帰りやすいよう、紐をつけるなど機能的な部分さえクリアすればお土産として渡したときに「おぉ」っていう感じもあるし、売れそうな気がする。

  • Judge’s comment: ロフトワーク 林

    個装から飛び出る葉の部分が、パイナップルであることは一目瞭然。それでいて、お土産としてのワクワク感や品質感が足されており、シンプルだけど効果的な個装に仕上がっている。

Title

04.油みそ「あんまぁーのアンダーミシュ」

Creator

本田 篤司さん

Concept

人の手で作られている部分が強い商品なので、パッケージとしても「紙で包み紐止め」という人の手が感じられる作りを考えました。また、容器が以外と小さいので包み袋に商品名を記載し、日本語の組み方で、今後の展開にも対応できる様デザインしています。

  • Judge’s comment: 離島経済新聞 鯨本氏

    油みそは他の地域にもいっぱいあるので、八重山諸島とか石垣にある他のみその違いがはっきりとわかる差別化は必要。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    「みそ」という字は、台湾人もよく知っているので、このデザインだと分かりやすい。高級感もある。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    元々のみそ壷のようなイメージでよい。この文字が甘い印象を与える。紙包装は最初に取るとなくなるので、瓶がどういう状態か、キャップにするか、調整は必要かも。

Title

05.本当に真面目なツナフレークス

Creator

黃 孝忠さん

Concept

消費者に商品を覚えてもらいやすいよう名前を短縮し、「100%」を付け足しました。このデザインの最も重要なメッセージは新鮮さ。マグロの皮膚についた水滴は、新鮮な魚市場を彷彿とさせます。よりリアル感を出すためパッケージ下部に写真を入れ、中身は何が入っているか一目で分かるようにしています。 木箱のようなものに入れられたイメージを出すため、魚の皮や肉は木目調のパターンで囲みました。このツナフレークがいかにナチュラルで特別なものかを表現しています。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    中身が分かるようなデザインで新鮮さが出ていて良いと思う。高級感もある。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    宇宙のような印象を与える不思議なデザイン。高級感があるので高級スーパーにも置きやすいかもしれない。

  • Judge’s comment: ロフトワーク 林

    魚の肌を表現したあたりは、もう少しグロテスクさを調整したほうがいいかもしれない。ただ、このデザインはリアルさを保ちつつ、ぎりぎり気持ち悪くせず、魚であることを表現できていると思う。今回はレトルトパウチという製法上、実現可能性も重視した。ブラッシュアップ版を楽しみにしている。

Title

06.玄米乳

Creator

本田 篤司さん

Concept

ラインで構成した線画で、玄米を象徴した稲穂・石垣の海と太陽を表し、どこか懐かしく感じる佇まいと八徳屋さんの玄米乳だと分かるブランドを表す商品名兼ブランドロゴとしてアピールすればと思いデザインしました。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    伝統的な製法を強調できるデザイン。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    初めて飲んで、まず『美味しいなー』とその味にびっくりし、東京でも是非とも味わいたいと思った。そういう観点から、高級感があって東京でも馴染めるようなデザインに仕上がっているこのデザインを選んだ。

  • Judge’s comment: ロフトワーク 林

    素材の素朴さと、単色刷りというデザイン的な制約を上手に活かし、高級感を出せている点が良い。

Title

07.白保の島ハーブティー

Creator

平野 達郎さん

Concept

民家の庭先に多種多様なハーブが育っていて、それを健康茶として昔から飲んでいる。というのは、とても豊かなことであり、他のどの商品にも無いような強いオリジナリティーだと思いました。
そこで、ネーミングはストレートに『庭のハーブティー』。『庭ハーブティー』ではなく、あえて接続詞の『の』を入れて話し言葉のようにする事で生産者を身近に感じられるようになるのではないかと考えました。パッケージは家の形です。お茶の種類によって屋根の色が違い、複数個並べる事で、家々で多種多様なお茶がある石垣島の文化を表現しています。

  • Judge’s comment: 離島経済新聞 鯨本氏

    売れるデザイン。おばぁちゃんたちの手で丁寧に作られているということなので、せっかくだからこの屋根だったり横の塀だったりを白保集落の住宅らしいデザインにブラッシュアップしてもらえれば、より個性的でここにしかないものになると思う。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    「庭から摘んだ」というのがとってもいいストーリーなので、そのイメージがある作品がいい。お茶はたくさん商品があり、ほかの作品は今出ているものと大差ないが、これは物語があるようで飲んでみようと思わせるのでは。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    これはプレゼントになる良いデザイン。

Title

08.ゆきさんの黒糖ジンジャーシロップ

Creator

中川 義朗さん

Concept

本体ラベルは、可愛いらしい飾りや曲線のカットで女性に好まれるデザインにしました。ラベルは暖かい風合いの紙を想定しています。全体的に暖色系のカラーリングで美味しそうで気持ちがほっこりするような優しい印象を与え、商品名がすぐ目に飛び込んでくるよう日本語表記のタイトルをシンプルに配置しました。また、カードを付ける事で、“「にごり」の美味しさ”や“こだわりの手作り製法”という事を丁寧に分かりやすく消費者の方に伝えられるように考えました。

  • Judge’s comment: 離島経済新聞 鯨本氏

    ストーリーがラベルの形でついているのは、「気をひく」良い仕掛け。細かい情報や物語は、わりと女性に好まれるので、リピートされるとも思う。素直にもらったらうれしいし、プレゼントとしても喜ばれるのでは。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    ホットケーキにかけたくなるような、スイーツ向きの印象で良い。

  • Judge’s comment: ロフトワーク 林

    女性がお土産で買って帰るイメージがわく。女性は情報があるもの好きだと思う。現行の別ライン商品とやや印象が近いので、「にごり」独自の差別化ポイントは検討してほしい。

Title

09.紅芋パイ

Creator

慶本 俊輔さん

Concept

この商品の最大の魅力である「イモそのものの美味しさ」を訴求しました。切り口までキレイな紫色をした沖夢紫の姿は、それだけで人を引きつけます。また、お土産用のパッケージでは「とっておきたくなる」「とっておける」という要素が非常に重要だと思うため、紙や箱ではなく缶の使用を提案します。お菓子としてだけではなく、芋そのものにも焦点があたるデザインを心がけました。

  • Judge’s comment: 離島経済新聞 鯨本氏

    あとで何かに使えそうな感じ、ありそうでなかったデザインがユニーク。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    発想が非常に面白い。説明はいらないし、高級感もあってよい。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    せっかく缶だからあとでモノ入れにできるようにシンプルに印刷はなるべくしないでシールをきれいにはがせるようにして、机の上にずっとこの石垣の記憶を残しておく…などその後の使い方までイメージできるパッケージ。

  • Judge’s comment: ロフトワーク 林

    この紅芋を切ったようなストレートで、デザインとしての切り口がいい。

Title

10.花織みんさ

Creator

いしがみ あきよし(Graphika Inc.)さん

Concept

日常の生活の中に「花織みんさ」として、普段何気なく使っているテープに応用できればと思い制作しました。そのテープの中でも、ポリエチレン繊維で織られ、幅広い用途で使用される養生テープにみんさ柄のプリントを施せればと考えました。縦横に織られた元々のテープの特徴を生かし、プリントをしても織物の質感を損なう事無く引っ越しや荷造りなど、老若男女問わず幅広い層に「みんさ」の魅力を楽しんでもらえればと思います。テープを入れる巾着と合わせて販売できればと思っております。

  • Judge’s comment: 離島経済新聞 鯨本氏

    地元の人や石垣の中にあるおしゃれなお店がそこのパッケージでちょろっと使える。裾野を広げる点でユニークなアイデア。

  • Judge’s comment: 台湾デザインセンター 陳氏

    台湾の博物院で昔の朱印の文字をプリントテープにしたオリジナルグッズがあり、それが今1カ月に何万個も売れるほどブームになっている。このテープもそうしたストーリーが愛されるのでは。

  • Judge’s comment: スマイルズ 遠山氏

    すごく面白い。

  • Judge’s comment: ロフトワーク 林

    本物のみんさー織ではないものの、「みんさー」のブランディングという意味では面白いアプローチ。このテープがきっかけで、みんさー織そのものが人気になれば、価格面で新製品開発が難しい織物全般のニーズを高める手法として可能性を感じる。

審査員講評

台湾から見た「石垣島」や東京から見た「島らしさ」など、石垣を色んな方向から見た作品があって非常に面白かった。さまざまな角度から見て作られたものがあって、石垣の方にも喜ばれるのではないかと思う。 (離島経済新聞 鯨本氏)

いい試みだと感じた。東京や都会のデザインとはまた違う、石垣島という離島の良さを生かしたものがちゃんと集まり、現実的なよいものができ上がっていくと思う。それぞれの売り上げも上がるのでは。 (スマイルズ 遠山氏)

石垣の伝統のある特産物をテーマに、東京・台湾やさまざまな地域からデザイナーの提案があり、新しいものが出来上がるのはとても面白い取り組みだと思う。今回の審査では作品の完成度が高いものがたくさんあり、デザイナーの皆さんが離島のことに関心をもってデザインに参加したということは非常に意味のあることで、我々にとっても勉強になったし同様のものを台湾でもできたらと思う。今回の審査はあくまで中間段階であって、選ばれたデザインをさらにデザイナーに磨いてもらい、メーカーと実際に交渉・調整することによってさらに素晴らしいデザインが生まれることが期待できる。 (台湾デザインセンター 陳氏)

海外の審査員も含めて、日本の名産品の審査を行うのは今回初めてだったが、自分の良さは周りに指摘されないと分からないのと同じで、どこが日本らしいのかというのは案外自分たちでは分からないものだと感じた。今回、石垣の魅力を外の視点から見直すことを意識的に行ったが、その過程で「東京から見た石垣の視点」というものもあったし、「日本じゃない国から見たときの日本の魅力」というものも審査を通じて発見できた。日本のさまざまなエリアや台湾からの作品が選ばれたが、実際彼らが集まったときに彼ら自身がどんな会話をするのだろうとか、これから石垣と触れ合い、どんな形でデザインが洗練されていくのかとても楽しみ。 (ロフトワーク 林)




<開催概要>

エキゾチックでちょっと懐かしい。不思議な空気が漂う、石垣島。 美しいサンゴ礁と緑の山々、おおらかな人々の笑顔と音楽、そして美味しいモノであふれている。 さぁ、知られざる石垣島の奥深くへ! 「デザイン」で巡る冒険が始まります。

USIO Design Projectでは、石垣島の名産品10アイテムを対象に、リデザインアイデアを募集します。石垣島で生まれるモノ、働くヒト、育まれる知恵にまつわる様々なストーリーをヒントに、名産品の魅力を最大限に伝えるデザインを提案してください。 採用されたデザインは、デザイナーによる石垣島現地視察を経て島内事業者・生産者と製品化、石垣島のあたらしいブランド産品として販売されます。

 

最新の情報について

コンペティションは2013年末に終了し、プロジェクトは2014年春以降の販売開始を目指して商品化を進めています。 その様子は公式サイトやFacebookページで随時アップデートしていますので、ぜひご覧ください。 →USIO Design Project 公式サイト →USIO Design Project Facebookページ

 

USIO Design Project について

「USIO Design Project」は、デザインの力を通して、石垣島の魅力を再発見するプロジェクト。目指すのは、海の「潮」のように人が行き来し、「潮目」のように豊かな交点を生み出すこと。石垣・東京・台北の3拠点を中心に、島で生まれるモノ、働くヒト、育まれる知恵と、世界中のデザイナーの想像力を掛け合わせていきます。

地域を知り、名産品に触れ、アイデアを出し合い、対話を重ね、明日につながる物語をつむいでいくーー。そんなあたらしい形の「地域×デザイン」プロジェクトに挑戦します。

>>もっと詳しく


石垣島ってどんなところ?

石垣島は、日本最南端に浮かぶ八重山諸島の「玄関口」。古くから、琉球文化と日本文化、台湾文化の交わる場所として、独自の文化を育んできました。今も多くの観光客が訪れる石垣島の魅力は、その多様性によって磨かれてきました。

>>石垣島の場所・歴史・風土について

 

USIO Design Project デザイン公募概要

募集期間

2013年10月22日(火)~2013年12月9日(月)

 

リデザイン対象物

お菓子類、工芸品、酒類、農水産物など、石垣島の特徴を活かした名産品 10品目 >>詳しく見る


採用特典:

・採用されたデザインは、2014年4月より発売予定です。 ・採用されたデザインは、商品化が決定後「USIO Design Project」公式サイトやロフトワークドットコム等でも紹介されるほか、新しい地域ブランド産品として積極的に石垣市内外にPRされます。

 

採用特典・賞品:

1. デザインが採用された場合、応募者を石垣島への視察訪問(2泊3日)への招待。(2014年1月初旬~1月末 実施予定)* 2. ご自身のデザインによってリデザインされた商品 数点 3. 石垣島の名産品セット

*海外在住者が採用された場合、上限額(国内旅費相当分)を主催者が負担いたします。

 

対象:

どなたでもご参加いただけます。 * 応募の際、ロフトワークドットコムのアカウント登録が必要となります(年会費・利用料完全無料)

 

審査について

審査基準: ・見る人に新鮮味や驚きを与えるデザインであること ・有機的で、やや素朴さを感じさせる「石垣らしい」デザインであること ・商品としてロングセラーになりうる、「売れる」デザインであること

 

審査員:

陳 文龍台湾デザインセンター 執行長

遠山 正道株式会社スマイルズ 代表取締役

鯨本 あつこ離島経済新聞社 代表取締役

林 千晶株式会社ロフトワーク 代表取締役

お問い合わせ

・応募方法に関するご質問  editors@loftwork.com ・プレス受付 pr@loftwork.com

備考 ※ 応募作品の入力内容、データ登録方法に不備がある場合、審査対象外となる場合があります。 ※ 正しくアップロードできない場合は、editors@loftwork.com までその旨をお知らせください。 ※ デザイン採用者にはメールでご連絡いたしますので、事前に必ず、ロフトワークドットコムに連絡可能なメールアドレスを設定してください。

 

主催: 石垣市観光文化課 企画運営: 株式会社ロフトワーク

戻る