CREATIVES

  • 82

焦燥とジュエリーと写真

その他
身体の一部を隠す造花のコスチュームジュエリー。

箱をあけてしまったパンドラ
禁断の果実を口にしたアダムとイブ
人間は自分の行動を遮断されたとき、
ストレスを感じるとともに、さらに強い欲求がわきあがる。
隠されてると気になる。見たくなる。

私はいつも失ってから大切さに気づきます。そんな自分が嫌です。
展示ではジュエリーを私の大切な人に身につけてもらいポートレートを撮ります。
見慣れた人の隠された顔、造花と生の対比はより私にかけがえのないその人の存在を知らしめるでしょう。

前へ