CREATIVES

  • 35
  • 79
  • 10431

紅芋パイ

プロダクト / その他
この商品の最大の魅力である「イモそのものの美味しさ」を訴求しました。
切り口までキレイな紫色をした沖夢紫の姿は、それだけで人を引きつけます。
また、お土産用のパッケージでは
「とっておきたくなる」「とっておける」という要素が非常に重要だと思うため、
紙や箱ではなく缶の使用を提案します。
お菓子としてだけではなく、芋そのものにも焦点があたるデザインを心がけました。

戻る