COMPETITION


オンラインワークショップの参加はこちら

Save Our Seas Mini Jamは、前日の7月22日18時より行われるSave Our Seas Talk Eventと合わせての開催になっております。詳細は下記イベントページをご覧ください。
https://fabcafe.com/events/tokyo/20200723save-our-seas-sos-mini-jam/



世界的流行が見られている新型コロナウイルスは、人類、そして他の生物の生活を大きく変えました。製造・物流の流れの変化による工場の閉鎖や交通量の急激な減少に伴い、自然環境にも変化が見られました。前例のないレベルで大気汚染が減少し、中国の都市に青空が戻ってきたり、インド、ニューデリーからスモッグが消えたりと、以前では考えられなかった光景を、私たちは目の当たりにしました。

私たちが目にする大気環境が変化したのであれば、人間が普段自分の目で見ることのできない水の中はどうなのでしょうか?

世界の71%を占める海は、どうなのでしょうか?

海流、海面温度、海洋生物。海は、地球という惑星の生態系の原動力となっています。「この重要な資源をどう守るか」という命題は、気候変動の影響に対して、人類全体としてどう対抗していくかを考えるために不可欠な問いであり、健全な海を作ることは、世界中、特にアジアと太平洋地域における、持続可能な開発を達成するためには避けては通れない課題です。

United Nations Development Programme website

参加にあたって

社会課題解決に興味はありますか?

持続可能性と不平等の問題の議論において、自分のスキルとアイデアで貢献したいと思いませんか?

本イベントでは、社会起業家やクリエーターが世界中の人たちとオンラインで協力し、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」の達成に向けた具体案をデザインしていきます。

SOS Mini Jamは、UNDPとDigital Society Schoolの支援のもと、FabCafeが主催しています。

SDGs -持続可能な開発目標- は、2016年1月に国連の取り組みとしてスタートしました。SDGsは、国際社会が2030年までに達成することで合意した持続可能な開発のための目標です。今後10年間で、社会的課題の解決に向けた取り組みを行うために、すべての国や地域が採用する世界的な「共通言語」とされています。

テーマ

SOS Mini Jamは以下の3つのテーマの元、議論します:
①海洋汚染の削減
②海洋資源の持続的な利用による経済的便益の増大
③小規模・沿岸零細漁業者の海洋資源及び市場へのサポート

こんな人におすすめ

サステイナビリティ、海洋保護、海洋経済に関心のあるクリエイター、デザイナー、一般の方

海洋持続可能性への取り組みや、水産物・水産業、養殖業に関わる企業やスタートアップの方

海洋関連のテーマで活動している教育機関やアカデミアコミュニティ。

過去にGlobal Goals Jam コミュニティの活動に参加した方や、これから参加したいと思っている方

Information

日時

2020.7.23 (木)(祝) – 2020.7.23 (木)(祝) 13:00 – 17:30 12:45 JSTから開始 UTC+09:00

場所
Zoom と Miroを使用したオンラインセッションになります。

参加費
¥3000

タイムライン

13:00 - 13:25
イントロダクションとアイスブレーカー

13:25 - 15:15
Sprint #1 Discover it: 5W1H, Stakeholder's map, Empathy map

15:15 - 15:55
Sprint #2 Develop it: Ideation sessions

15:55 - 16:40
Sprint #3 Draw it: Concept sketch

16:40 - 17:15
Sprint #4 Connect and evolve

17:15-17:30
ディスカッションまとめ



Supported by

お問い合わせ

前へ

followを解除しました。