COMPETITION

  • 開催概要


つくばサイエンスハッカソンVol.1 〜ホロビオント〜

G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合開催記念


つくばサイエンスハッカソンとは

「つくばサイエンスハッカソン」は2019年3月〜5月に茨城県つくば市で開催する科学と芸術が出合うハッカソンです。29の研究・教育機関と1万人の研究者が集積する研究学園都市つくばを拠点に研究者とアーティストがチームを組み、研究者たちが魅了される研究とその研究結果がみせてくれる世界の新しい姿を作品の形で表現することに挑みます。制作した作品は5月につくば市にあるさくら民家園で展示します。

つくば市役所メッセージ


つくば市は、過去から先人たちの努力により守られ創られてきたまちを、敬意と感謝をもって未来の世代に継承し、持続可能な発展を目指しています。それは、「生命」の繋がりを脈々と受け継ぐことでもあります。

G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合を契機とするつくばサイエンスハッカソンでは、デジタル技術を活用しながら生命の強さ、美しさ、尊さを表現することで言語を越えた共感を生み出します。また、研究者の成果を素材に生命を表現することで、科学技術とアートの融合により、研究学園都市としての更なる発展へと繋げていきます。

ぜひつくば市にお越しいただき、筑波研究学園都市の創造性や多様性をご体感ください。




ハッカソン実施概要

ハッカソン作品制作テーマ「ホロビオント」

「ホロビオント(holobiont)」は進化論学者リン・マーギュリスが提唱した複数の異なる生物が共生関係 (symbiosis) にあり、不可分の一つの全体を構成している状態のことを表す概念です。

たとえば造礁サンゴは、褐虫藻やバクテリア、古細菌、菌類が非常に複雑に相互作用するひとつのホロビオントです。また、最近の研究では、人間も腸内細菌が行動や感情、意思決定にまで影響を及ぼしていることが明らかになっており、ホロビオントの一種だと言えそうです。これからの地球環境や健康を考える上では、生物を個体としてのみ見るのではなく、複数の生物が共生するホロビオントとして見ることが大事なのではないでしょうか。

一方、VRやパワードスーツのように人間の身体・認知能力を向上する試みは人間と機械の境界線の見直しを迫っています。人工知能やロボットが仕事や生活のシーンに入り込んでくる未来では、人工物と人間の関係もホロビオントとして捉える視点が必要になります。

サイエンスハッカソンでは研究者とアーティストとともに様々な”ホロビオント”を表現することを通して、これからの“共生”を考えます。



開催プロセス

3/2:Day1_チームビルディング・アイデアソン

参加者全員での顔合せ、チームビルディング、アイデア出しを行います

3/16:Day2_プロトタイピング

チームで試作をしながら作品の方向性を決めていきます

4/7:Day3_作品発表会

チームごとにできた作品を発表します

展示概要

名称

つくばサイエンスハッカソンVol.1 〜ホロビオント〜

展示期間

2019年5月10日(金)-2019年5月19日(日)

場所

さくら民家園 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2丁目7番地5(中央公園内)

入場料

無料

開場時間

10:00-18:00(最終日の5/19は16:00閉館)


参加 研究者

芝原 暁彦

古生物学者、博士(理学)。
専門は地球科学、博物館学、3D-CAD、GIS。18歳から20歳まで福井県の恐竜発掘に参加し、その後は北太平洋やオマーンなどで微化石の調査を行う。筑波大学で博士号を取得後は、産業技術総合研究所で化石標本の3D計測や3Dプロジェクションマッピングなど、博物館展示と地球科学の可視化に関する研究を行った。2016年にはこれらの技術をもとに産総研発ベンチャー「地球技研」を設立。「未来の博物館」を創出するための研究を続けている。また東京地学協会、日本地図学会の各委員を兼任。
「化石観察入門」(誠文堂新光社, 2014)「ああ、愛しき古生物たち - 無念にも滅びてしまった彼ら」(笠倉出版社, 2018)など著書多数。研究以外でもブラタモリ(NHK.)などへの資料提供などを行う。国土交通省 G空間EXPO2013 Geoアクティビティフェスタ 優秀賞 (2013)

望山 洋

筑波大学大学院システム情報系准教授。
柔軟ロボット学研究室を主宰。ソフトロボット研究者。早稲田大学大学院電気工学専攻で修士(工学)を取得後、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)情報科学研究科に進学し、博士号取得。博士(情報科学)。JAIST助手、防衛大学校機械システム工学科助手・講師、
名古屋工業大学トヨタ自動車寄附講座「技と感性の力学的触覚テクノロジー講座」助教授を経て、現在に至る。2010年より2年間、内閣府政策調査員を併任。ソフトロボティクス,特にロッド理論を駆使したシステム論を得意とする。また、弾性ロッドの飛び移り座屈を利用した跳躍ロボットなどを開発している。触覚テクノロジーの研究にも長年従事し、微小な面歪を精度よく検出する触覚センシングシステムなどを開発している。最近では、新学術領域「ソフトロボット学」に参画し、動物の体幹のしなやかさの解明に関する研究に携わっている。

大森 裕子

筑波大学生命環境系 助教
東京都生まれ、千葉県育ち。筑波大学第二学群生物学類卒業後、同大学院生命環境科学研究科で博士号(理学)取得。国立環境研究所の地球環境研究センター特別研究員を経て、現在は筑波大学水圏生態学研究室で海洋微生物による物質循環の研究を行うほか、生命環境系助教として学生の指導にあたる。

郡司 芽久

2017年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科 博士課程修了。博士(農学)。同年4月より、日本学術振興会特別研究員PDとして国立科学博物館に在籍。解剖学・形態学を専門とし、哺乳類と鳥類を対象とした筋肉や骨格の構造、体の動きの仕組みについて調べている。幼少期からキリンが好きで、大学院時代よりキリンの首の構造と動きの仕組みについて研究を行なっている。第七回日本学術振興会育志賞受賞.


参加 アーティスト

くろやなぎてっぺい

映像、音楽、企画、様々なフィールドで多方面で活動。 NHK連続テレビ小説「半分、青い」オープニング映像、Mr.Childrenステージビジュアル、「デザインあ」ID映像など。「映像作家100人」選出。またライフワークとして「あいうえお作文RAPプロジェクト」を企画。 芸術分野では文化庁メディア芸術祭、アルス・エレクトロニカ、SIGGRAPHを初め、国内外のメディアアートフェスティバルに 多数参加。またアートバンド1980YEN(イチキュッパ)を食品まつりと共に旗揚げし、音楽、映像、美術、インターネットを ミックスした独自のスタイルで活動。P.I.C.S. management所属。

川崎 和也

1991年生まれ。スペキュラティヴ・ファッションデザイナー/デザインリサーチャー。バイオテクノロジー、ウェアラブルテクノロジー、コンピュテーショナルデザインに依拠しつつ、ファッションが持つ未来志向・思索的な創造性を探求する実践をおこなう一方で、デザイン学としてのファッション研究を学術的に確立することを模索している。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム修士課程修了(デザイン)、現在同プログラム後期博士課程。日本学術振興会特別研究員(DC1)。慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ研究員。STARTS PRIZE 2017ノミネート、Wired Creative Hack Award 2017/2018 特別賞、YouFab Global Creative Award 2017 入賞のほか、オランダ・ダッチデザインウィーク・2017アンテナ・国際デザイン作品トップ20に選出、南アフリカ・デザインインダバ2016招待作家。アルスエレクトロニカ東京イニシアチブより、テック・スキン・イノベータに選出。

齋藤 帆奈

1988年生。多摩美術大学工芸学科ガラスコースを卒業後、metaPhorest (biological/biomedia art platform)に参加。理化学ガラスの制作技法によるガラス造形や、生物、有機物、画像解析等を用いて作品を制作している。主なテーマは、自然/社会、人間/非人間の区別を再考すること、私たち自身が生命であることをふまえた生命についての表現。

GADARA (清水 惇一, 他3名)

2018年に立ち上げたプロジェクトチーム。各々の作家性を活かした作品作りをし、プロジェクトごとに発案者がリーダーとなり進めていくような独自な取り組みを行なっている。プロジェクトとしては、脱人間中心設計であったり、無機物や有機物といった関係性にに着目し、どこか面白さや楽しさが溢れるようなものをデザイすることに取り組んでいる。YouFab2018 特別賞 (作品名:Hack the Natural Objects)


アドバイザー

江渡 浩一郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所主任研究員/ニコニコ学会β交流協会会長/メディアアーティスト。東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。博士(情報理工学)。産総研では「利用者参画によるサービスの構築・運用」をテーマに研究を続ける。主な著書に『ニコニコ学会βのつくりかた』(フィルムアート)、『進化するアカデミア』(イースト・プレス)。2017年、科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門)受賞。

岩田 洋夫

1981年 東京大学工学部機械工学科卒業、1986年 東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)、同年筑波大学構造工学系助手。現在筑波大学システム情報工学研究科教授。バーチャルリアリティ、特にハプティックインタフェース、ロコモーションインタフェース、没入ディスプレイの研究に従事。SIGGRAPHのEmerging Technologiesに1994年より14年間続けて入選。Prix Ars Electronica 1996と2001においてインタラクティブアート部門honorary mentions受賞。2001年文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞

お問い合わせ先

本プロジェクトについてお問い合わせがありましたら、G20大臣会合推進室(担当:前田)までお問い合わせください。

所在地|〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1番地1

電話|029-883-1111

戻る

  • 開催概要