COMPETITION

つくばサイエンスハッカソンVol.1 〜ホロビオント~

G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合開催記念

つくばサイエンスハッカソンとは

「つくばサイエンスハッカソン」は2019年3月~5月に茨城県つくば市で開催する科学と芸術 が出合うハッカソンです。29の研究・教育機関と1万人の研究者が集積する研究学園都市つく ばを拠点に研究者とアーティストがチームを組み、研究者たちが魅了される研究とその研究結 果がみせてくれる世界の新しい姿を作品の形で表現することに挑みます。制作した作品は5月 につくば市にあるさくら民家園で展示します。

つくば市役所メッセージ

つくば市は、過去から先人たちの努力により守られ創られてきたまちを、敬意と感謝をもって 未来の世代に継承し、持続可能な発展を目指しています。それは、「生命」の繋がりを脈々と受 け継ぐことでもあります。

G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合を契機とするつくばサイエンスハッカソンでは、 デジタル技術を活用しながら生命の強さ、美しさ、尊さを表現することで言語を越えた共感を 生み出します。また、研究者の成果を素材に生命を表現することで、科学技術とアートの融合 により、研究学園都市としての更なる発展へと繋げていきます。

ぜひつくば市にお越しいただき、筑波研究学園都市の創造性や多様性をご体感ください。

ハッカソン実施概要

ハッカソン作品制作テーマ「ホロビオント」

「ホロビオント(holobiont)」は進化論学者リン・マーギュリスが提唱した複数の異なる生物が 共生関係 (symbiosis) にあり、不可分の一つの全体を構成している状態のことを表す概念です。

たとえば造礁サンゴは、褐虫藻やバクテリア、古細菌、菌類が非常に複雑に相互作用するひと つのホロビオントです。また、最近の研究では、人間も腸内細菌が行動や感情、意思決定にま で影響を及ぼしていることが明らかになっており、ホロビオントの一種だと言えそうです。これ からの地球環境や健康を考える上では、生物を個体としてのみ見るのではなく、複数の生物 が共生するホロビオントとして見ることが大事なのではないでしょうか。

一方、VRやパワードスーツのように人間の身体・認知能力を向上する試みは人間と機械の境 界線の見直しを迫っています。人工知能やロボットが仕事や生活のシーンに入り込んでくる未 来では、人工物と人間の関係もホロビオントとして捉える視点が必要になります。

サイエンスハッカソンでは研究者とアーティストとともに様々な”ホロビオント”を表現すること を通して、これからの“共生”を考えます。

開催プロセス

展示概要

名称:つくばサイエンスハッカソンVol.1 ~ホロビオント~

展示期間:2019年5月10日(金)-2019年5月19日(日)

場所:さくら民家園 〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2丁目7番地5(中央公園内)

入場料:無科

開場時間:10:00-18:00(最終日の5/19は16:00閉館)

審査員

お問い合わせ

前へ

followを解除しました。