COMPETITION

結果発表

「こどもを“スマホ以外で”夢中にさせるモノづくりのアイデア」募集結果を公開しました。 受賞者は次のステップでクラウドファンディングにトライします!

結果をみる

こどもを夢中にさせる新発明!
~スマホに代わるこどもの夢中アイテムを募集~

ANA「WonderFIY」とロフトワーク「AWRD」のコラボによるクリエイティヴ・アワード企画第1弾 は、人気クリエイター佐藤ねじさん率いるブルーパドルとのアイデアバトル企画。

募集するのは、こどもを“スマホ以外で"夢中にさせるモノづくりのアイデアです。 視点と発想のスイッチで、子どもの好奇心や遊び心をくすぐる“夢中アイテム”を企画ください!

受賞者は次のステップでクラウドファンディングにトライ、商品化できたアイテムはANAのEC で販売できるチャンスもあります。

子どものスマホ長時間使用が問題となる昨今、自宅はもちろん旅の道中、旅先でも、子どもに スマホを与えてしまう罪悪感を抱える親御さんは多いハズ。

子どもの好奇心や探究心や遊び心をくすぐるアイテムを、スマホだけにおまかせするのはもったいない!視点と発想のスイッチで、子どもを夢中にさせるのはもちろん、親御さんにとっても与えて嬉しいアイテムを企画・プロトタイピングください。 ゼロからアイデアを考えるのはもちろん、すでに企画・試作中のアイテムを、この機会に合わ せてエントリーするのもOKです。

受賞者は10万円の資金が与えられ、次のステップでクラウドファンディングにトライしていた だきます。 さらに、クラウドファンディングでサクセスし商品化できたアイテムはANAのECT A-style」で販 売できる可能性もあります!

佐藤ねじさん率いるブルーパドルもみなさんといっしょにアイデアとモノづくりに挑戦します!


ポイント

プロセス


STEP1 【クリエイティブアワード】
こどもの“夢中アイテム”を企画・プロトタイピングして エントリー
・アイデアスケッチだけでもOKですが、試作 (プロトタイプ)を推奨。



STEP2 【クラウドファンディング】

受賞したら受賞賞金10万円を活用してクラウドファンデ ィングにトライ!

◎ クラウドファンディングのメリット
・アイデアを商品化・サービス化するために必要な資金 や協力者を集められます。
・より多くの人への認知だけでなく、商品化・サービス化 前に
ファンを集めることもできます。
・テストマーケティングにも活用できます。

STEP3 【アイテム販売】
クラウドファンディングでサクセスしたアイテムが量産化※注1 できれば、
ANAのECT A-style」で販売できる可能性 があります。※注2

注1:クラウドファンディングでの量産化は必須条件では ございません。
注2:「A-style」以外で販売いただくことも可能です。

VSクリエイター:佐藤ねじさん率いるブルーパドル

メンバープロフィール

佐藤ねじ

1982年生まれ。プランナー/アートディレクター。 面白法人カヤックを独立→Blue Puddle Inc.設立。 「空いてる土俵」を探すスタイルで、WEBやアプリ、デバ イスの隙間表現を探る。 代表作に「5歳児が値段を決める美術館」「変なWEBメデ ィア」「コクリ」「しゃべる名刺」「貞子3D2」「レシートレタ ー」など。 日経BPより「超ノート術」を出版。

深津康幸

1981年生まれ。 様々なデジタルコンテンツの企画、ディレクションを担当。テクノロジーやデバイスを使用し、アイディアを掛け合わ せた独自のプロジェクトを数多く手がける。 カヌンライオンズ他、国内外の受賞多数。

あけたらしろめ

プロダクトデザイナーとして7年間、音響機器メーカー TEACに勤め、2018年からブルーパドルにデザイナーと して入社。 個人でもモノクロのイラストレーションでツイッターを中 心に作家活動展開。

Blue Puddle Inc.

2016年7月、面白法人カヤックから独立した、佐藤ねじ・深津康幸で設立。 WEB、アプリ、デバイス、インスタレーションなどデジタルコンテンツの企画制作をしている。
私たちの目的はただ1つ。
世の中でまだ見つかっていない、空いてる土俵「ブルーパドル」を1つでも多く発見していくこと。

https://blue-puddle.com/


参加資格

賞について

  • PRIZE

審査基準

お問い合わせ

前へ

followを解除しました。