CREATIVES

  • 201

サーキュラーエコノミー型CSA

その他
CSAとは、農家と消費者が年間契約を結び、購入する農産物の代⾦を前払いすることで農業を支
援するシステムです。多くのCSAは、「farm to table(農場から食卓へ)」だけで、関係性が一方通⾏になりがちです。私は、これに「table to farm(食卓から農場へ)」の流れも加え、
相互通⾏の関係性をつくりたいと考えています。すなわち、各家庭で1次処理した生ごみを農場で堆
肥化し、それで野菜を栽培して、また食卓に届ける取り組みです。
 消費者にとっては、可燃ごみの減量によるごみ処理費の節約、新鮮で美味しい野菜が手に入る等の
利点があります。農家は肥料を賄え、かつ安定的な野菜販売につながるので、市場価格に左右されず、
生活が安定する等の利点があります。

前へ