COMPETITION

テーマ不問、求められるのは「新たな多様性」。

アジアのCGアート表現が一堂に会する国際的なイベント「ASIAGRAPH(アジアグラフ)」が主催する公募展「ASIAGRAPH 2016年度 CGアートギャラリー公募展示部門」が、今年も作品募集を行います。

本公募では、「アジア独自のCG表現」として、大きくCGアート(グラフィック、イラストレーション等の静止画)とCGアニメーションを募集。作品が「独創的」かどうか、「視覚的な美しさ」を備えているかという点を積極的に評価するのが特徴です。

毎年、日本、中国、台湾、韓国、タイ、マレーシア、シンガポールなど、アジア各国で活躍するクリエイターが参加し、その最高峰を競います。入賞作品は2016年10月に東京・台場の日本科学未来館で開催される「ASIAGRAPH2016 in Tokyo」にて展示・上映されます。

CGクリエイターの登竜門としても名高い国際的な公募展に、ぜひチャレンジしてください。

作品カテゴリーと募集部門


第一部門 CGアート作品公募部門「CGアートギャラリー」

アジア地域で出生、居住もしくは国籍を保有する者・団体。プロ、アマ、学生不問。

CGが主要な表現手法となっているオリジナルのアート作品。(静止画のみ)

募集期間:2016年5月20日(水) ~9月10日(土)

第二部門 動画(アニメーション)作品公募部門 「CGアニメーションシアター」

アジア地域で出生、居住もしくは国籍を保有する者・団体。プロ、アマ、学生不問。

オリジナルのCGアニメーション作品。(ただし、実写編集中心の映像作品は対象外)

募集期間:2016年5月20日(水)~7月31日(日)

第三部門学生(25歳以下)アニメーション作品 公募部門

日本に在住、もしくは日本国籍を保有する学生及び卒業生で、応募時の年齢が25歳以下が対象。

(大学院、大学、専門学校生が主な対象。高校生以下も応募可)

オリジナルのCGアニメーション作品。(ただし、実写編集中心の映像作品は対象外)

募集期間:2016年5月20日(水)~7月31日(日)

第四部門 こどもCGコンテスト部門

アジア地域で出生、通学、もしくは国籍を持つ中学生以下のこどもを対象に静止画、動画作品を募集する。

「オリジナル部門」「初音ミクと描く未来部門」 「オリジナル部門」に加え、今年度もクリプトン・フューチャー・メディア(株) のご協力により「初音ミクと描く未来部門」を開設。

募集期間:2016年5月20日(金)~9月20日(火)

特別公募部門 パソコン甲子園高校生国際部門

アジア地域の高校生が、コンピュータグラフィックス作品によって優れたアイデアと表現力を競い合うことを目指し、会津大学主催「パソコン甲子園 2016」と共催で開催します。

ASIAGRAPHとは?


アジアグラフは、アジア独自の多様な文化と、科学と芸術の融合が生み出すアジア独自の優れたデジタルコンテンツを更に発展させるために、世界の第一線で活躍するアジアの研究者とクリエイターが集い、先端技術の発表や作品の展示を行う、学術・芸術・展示が一体となった総合イベントです。

>> ASIAGRAPHの詳細をみる(外部リンク)


このアワードのシリーズページ

アジア独特の多様な文化と、科学と芸術の融合が生み出すアジアのデジタルコンテンツの発達を目標とする国際的なイベント『ASIAGRAPH(アジアグラフ)』。彼らが主催する公募展『ASIAGRAPH CGアートギャラリー公募展示部門』は、毎年多くのCGアート作品を発掘しています。

>>アワードのシリーズページをみる


お問い合わせ

前へ

followを解除しました。