COMPETITION

グラフィックレコーディングの表現方法を模索するワークショップを開催しました



9/18(火)loftwork COOOPにて、「グラレコもくもく会×未来言語」をAWRDが主催し開催しました。

今回はAWRDに登録している、何らかの手法で描いて表現をするクリエイターを対象にグラフィックレコーディング(グラレコ)の表現方法を模索するワークショップを開催しました。

グラレコは、議論を可視化するための手法として、アイデアや意見を発散・収束させる表現手法のひとつとしてビジネス分野で注目されていますが、表現方法がそこまで重視されないシーンではやや形式的になりがちです。

いろんな表現法方でビジュアライズすることで、ビジネスシーンの議論の場だでなく言語化が難しい記録でもビジュアライズし表現できるのではと考え、個々が表現方法を模索しました。

グラレコの題材としてゲストに、障がい・言葉の壁を乗り越え全ての人類が繋がる未来を想像する「未来言語」プロジェクトをスピーカーに迎えました。

「話せない・聞こえない・見えない」等の状態となり、今までにないコミュニケーションにチャレンジするワークショップなどを行なっています。

体験してみないと解らない!ということで「はなせない」「きこえない」「みえない」未来言語カードを使ってゲームを体験しながら、描くという試みを行いました。


グラレコをするクリエイターは、ゲームを体験する側と、ゲームの様子をグラレコする側にわかれて順番に体験しました。

話を聞いただけでは解らない驚きの発見が沢山ありました...!!!

ガイドラインがない中、もくもくと自身の表現方法で作品を仕上げました。

幅広い作品が集まりAWRDに幅広い作品のアーカイブができました。ご参加いただいたみなさまありがとうございました。

是非グラレコの内容をご覧ください。

作品一覧をみる


今後も「グラレコもくもく会」で表現方法を模索していきたいと思います。

興味のある方は、Facebookの秘密のグループにご参加ください。

そちらにて不定期に情報を発信しています。

※承認制となります。
※レクチャーはないため、表現者・クリエイターに限ります。




未来の言語

パナソニックとロフトワーク、カフェ・カンパニーが運営する、JR渋谷駅新南口エリアにある「100年先の世界を豊かにするための実験区」の複合施設「100BANCH(ヒャクバンチ)」。
100BANCHのアクセラレーションプログラムのプロジェクトの中から、コミュニケーションに関わる4つのプロジェクトにより生まれた「未来の言語」プロジェクト。
4つの視点から次世代のコミュニケーションを考える。障がい・言葉の壁を乗り越え、全ての人類が繋がる未来は実現できるのか?「話せない・聞こえない・見えない」等の状態となり、今までにないコミュニケーションにチャレンジするワークショップなどを行なっている。

グラレコもくもく会

イラストレーター、グラフィックデザイナー、ライブペインター、UI・UXデザイナー、グラフィックレコーダーなどの表現者が集まり、新しいグラレコの表現方法を探求する会を不定期に開催する。

戻る