COMPETITION

組織の壁を越えた新たな挑戦を表彰する
「日本オープンイノベーション大賞」
日本の未来を担う取り組みを応援するためのロゴマークを募集します。


イノベーションを世の中に送り出していくプロセスをいかに創り出し、
そしていかに盛り上げていくか。
近年その国際的な競争は激化しています。

研究開発の成果を素早く社会で実現し、新たな価値を創造するための
取り組みを盛り上げる機運を作っていくため、
政府は過去15回に渡り実施してきた「産学官連携功労者表彰」を、「日本オープンイノベーション大賞」として新たにスタートし、日本のオープンイノベーションをさらに推進させます。


この度、新しいロゴマークを募集します。

「日本オープンイノベーション大賞」の理念を表し、受賞者が誇りに思い使用したくなるようなロゴマークデザインが求められています。
採用されたロゴマークは、公式WEBや表彰式などの場において表彰機関関係者及び受賞者が使用します。
日本の未来を担う取り組みを応援する意欲にあふれた作品をお待ちしています。


具体的な利用シーンの想定

公式WEBや、表彰式などで配布される紙媒体での広報展開

日本オープンイノベーション大賞受賞者、政府機関を始めとする表彰機関関係者の名刺やWEBサイトや紙媒体などの広報ツール

表彰式における空間デザインでの利用

Awards

賞について

  • 優勝 賞金50万円

    「日本オープンイノベーション大賞」のロゴマークとして採択されます。

About

日本オープンイノベーション大賞とは

表彰の対象

オープンイノベーションの取り組みで、模範となるようなもの、社会インパクトの大きいもの、持続可能性のあるものを表彰します。


賞のねらい

ロールモデルとなる先導的又は独創的な取り組みの表彰と発信により、イノベーション創出を加速することを目指します。 

科学技術イノベーションの創出プロセスが大きく変化する中で、従来の産学官連携のみならず、市民、ユーザーなどのコミュニティ連携をはかった取り組みについて称え、日本のオープンイノベーションの拡大を図ります。

内閣総理大臣賞を始めとする各賞の授与により、取り組みへの意欲を高めるとともに、本表彰が受賞者の取り組みを加速する一助になることを期待しています。


※ オープンイノベーションとは
企業、大学、研究機関、行政機関など様々な主体が、自前主義でなく、外部との連携により、研究開発能力、技術的知見、人的資源、資金等を組み合わせ、効率的・効果的にイノベーションを創出する取り組みを指します。(最初にオープンイノベーションを提唱したHarvard大学のChesbrough教授の定義より広く設定しています。)

日本オープンイノベーション大賞(Japan Open Innovation Prize(JOIP))


公式サイト


Design

募集するロゴマークのデザイン

●ロゴマークは、シンボルマークとロゴタイプが含まれたデザインをご応募ください

●組みパターン展開(縦組み、横組み等)の提出もお願いします

●利用シーンを想定したイメージ3点(Webサイトや紙媒体などの広報ツール、名刺、表彰式会場の利用例)を作成の上併せてご提出ください 

●彩色について規定はありません。日本オープンイノベーション大賞及びロゴマーク作品のコンセプトに合ったものを提案ください


Schedule

スケジュール

募集開始

2018年11月19日(月)

応募締切

2019年01月16日(水)PM 12:00 (日本時間 正午)

結果発表

2019年3月上旬 当サイトにて発表します。

一次審査

応募条件を元に、本アワード関係者にて20案程度を選出。

二次審査

本大賞及び本アワードの関係者より1案を選出。

選定されたロゴマークについて国内外の商標調査を行い、同一または類似する商標がないことを確認の上、採用作品を決定。


審査基準



  • 本大賞の趣旨に沿っているか
  • 本大賞の趣旨を描写、表現することにおいて、先導性や独創性が発揮されているか
  • 展開を意識して設計されているか(モノクロやサイズ変更によるイメージ変化が少ないデザインか)

※審査会は日本語で行われます。もし英語のみで応募された場合、事務局側でフリー翻訳ツールなどを利用して日本語に翻訳し、審査会にて使用いたします。

戻る