COMPETITION

日本発のスタートアップを支援。
世界へ向かう旗印となるロゴマークを募集します。

日本では約1万社のスタートアップが日々新しい挑戦をしています。
しかし、グローバルに活躍する企業はまだ一部。
世界で戦い勝てる企業を作り、新しい革新を提供する。
J-Startupは選ばれた企業を官民で集中支援し、成功モデルを創出していきます。

今回募集するのは、J-Startupプロジェクトと選ばれた日本のスタートアップ企業が使用するロゴマークです。
採用されたロゴは、グローバルに展開する本事業の公式WEBや海外展示会など、主に発信を行う場で使用されます。

本プロジェクトを象徴し、目を引き、ひと目で「J-Startup」プロジェクトだと認識されるようなロゴマークを期待しています。

主催:経済産業省

想定される利用シーン

nonakasan_1.png?mtime=20180518103317

海外展示会における、ブースの看板等大々的な掲示

※国内外約10の展示会を予定(CES, SXSW, TECH IN ASIAなど)

nonakasan_2.png?mtime=20180518103319

公式WEBや、展示会などで配布される紙媒体での展開

nonakasan_3.png?mtime=20180518103318

本プロジェクトに参加するスタートアップ企業や、推薦したサポーター、政府機関関係者の名刺

J-Startupとは

日本のスタートアップに次の成長を。世界に次の革新を。

世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し
革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供する。
それが経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」です。

ここで生まれたヒーローがスタートアップの地位を高め、日本のベンチャーをグローバルに生み出す仕組みの強化に繋がります。

tokutaisei.png?mtime=20180514133718


「J-Startup」では、大きく3つの施策を実施します。

  1. 日本のスタートアップ企業からグローバルに活躍できるスタートアップ企業を選抜
  2. 選抜されたスタートアップ企業と大企業、省庁を含むサポーターとのコミュニティを形成し、官民による集中支援の実施
  3. 選抜されたスタートアップ企業のグローバル展開を支援

これに加え、海外の起業家を日本に誘致することで、日本のベンチャーエコシステムのさらなる強化を目指しています。

選抜されたスタートアップ企業について

トップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当などがイチオシの企業を推薦。厳正な審査で選ばれた企業に対して、官民で集中支援します。

J-Startup 公式WEBサイト

審査について

一次審査
応募条件を元に、J-Startup運営事務局にて30案程度を選出。

二次審査
最終審査に進む作品をJ-Startup運営事務局及び推薦人より3〜5案を選出。

最終審査(投票)
2018年6月11日(月)に開催予定のJ-Startupローンチセレモニー(仮)にて、選抜されたスタートアップ企業、サポーター等の参加者投票を実施。

投票の結果を元に、選定されたロゴマークについて国内外の商標調査を行い、同一または類似する商標がないことを確認の上、採用作品を決定。

賞について

  • 優勝 賞金50万円

全体スケジュール

審査基準

お問い合わせ

前へ

followを解除しました。