COMPETITION

Material Driven Innovation Award 2022

Material New Narrative / 素材の新たな価値を探るマテリアルアワード

結果発表 2022/01/25(火) - 2022/03/07(月)

[イベントレポート】Material Driven Innovation Award 2022関連イベント「Material Meetup Barcelona」をバルセロナで開催しました。

2022年2月11日、「Material Driven Innovation Award 2022 (以下、MDIA)」関連イベントである「Material Meetup Barcelona」がスペインのバルセロナにあるMOB (Markers of Barcelona)にて開催されました。

本アワードのグローバル主催者でもある、FabCafe BarcelonaのDavidが地元の素材イノベーター達を集めてミートアップを行いました。スペインのバルセロナ市は、スマートシティ先進モデルとして世界から注目されています。



※この記事はスピーカー紹介ビデオの動画(スペイン語)から一部抜粋し、編集しなおしたものです。

Baluard Models / バルアードモデル

サーキュラーエコノミーのためのプロダクト: コーヒーショップのコーヒーかすを使った、コーヒーショップのためのナプキンホルダー

Baluard ModelsのCEOであるSalvador Tresserrasは、30年以上にわたるモデリング、プロトタイピング、製造の特殊なプロジェクトの経験が非常に豊富なデザイナーであり、Hewlett PackardやPanasonicといった多国籍企業ともプロジェクトを共にしています。彼の会社は、他のデザイナーのアイデアの具現化を支援するだけでなく、デザインにサステナブルな素材を導入することも支援しています。

「私たちはデザイナーや起業家、企業のために、食品などの産業から副産物として生まれる新素材を提供しています」とトレセラスは言います。「ナッツの殻やアーモンドの殻、コーヒーのカスなどの副産物を使って、ランプや装飾品、家具を作るためのコンパウンドを提供することができるのです。」

「リサイクルできる新素材を見つけるために、私たちは研究を続けています。」

Mashua Project / マシュアプロジェクト

バイオ素材の織機は、ファッション業界の「迫り来る」サステナビリティの危機を解決できるのか?

Bio Uncu Maker(バイオアンクーメーカー)は、Mashuaプロジェクトの一環として、寒天のバイオプラスチックから開発された環境に優しい衣服です。藻の抽出物から作られたこの製品は、従来のテキスタイルの持続可能な代替品であると同時に、再生ファッションの新たな可能性を示すものです。

現在のデジタルファブリケーション技術と、マジャ・ハビエル・ロハスの故郷であるペルーの古くから伝わる知識および工芸技術を組み合わせることで、Bio Uncu Makerはインカ文明の織物衣料を再解釈したものとなっているのです。

「今回のMDIAにふさわしく、ロハスは、肌、衣服、家やオフィスなど、私たちの「生態系」に注目することが重要だと言います。「私たちの主な使命は、お客様とその身近な生態系の生活の質を向上させることです」

「私たちの目的は、再生可能なライフスタイルに関連する製品や体験を創造し、普及させることによって、事故や怪我、病気を防ぐ手助けをすることです。」

Servei Estació / エステティックサービス

セルベイ・エスタシオは、アメリカ式のガソリンスタンドとして、あらゆる方法で自動車のサービスを提供するバルセロナ・サービスステーションという有限会社としてスタートしました。

セルヴェイ・エスタシオは、バルセロナを代表するDIYワンストップショップで、約100年の歴史に裏打ちされた55,000点以上の商品を扱うマルチプロダクトストアです。バルセロナで最も伝統的なショップの一つでありながら、イノベーションと持続可能な消費へのコミットメントの一環として、環境に優しい製品とサービスを優先しています。

マリオ・フェレール氏によると、セルベイ・エスタシオは90年にわたり素材の世界で革新を続け、創造性とデザインにおけるソリューションを提供してきたという。「だからこそ、私たちにとって、クリエイティブな人々やこの街で実際に物事を行う人々の近くにいることが重要なのです」。

フェレール氏によると、セルベイ・エスタシオは素材第一の発送でクリエイティブなプロセスを考えているそうです。

「通常、創作活動を始めると、どのような特性が必要かを考え、材料は残り少なくなるまで捨てられるものです」

「私たちは、その逆のプロセスを提案します。提供する素材から、そこから何ができるかを考える」というものです。

Magdalena Mojsiejuk / マグダレーナ・モイシュエジュク

過去の遺物ではなく、Knotty Projectは "未来を編めるか?"と問いかけているのです。

アーティスト/デザイナーであるマグダレーナ・モイシェジュクの作品は、主にスペキュラティブデザイン、未来のデザイン、新しいテクノロジーに関するものです。

彼女の作品は多くのデザインフェスティバルに登場し、アルスエレクトロニカの一環として開催された「2018 Future Innovators Summit」では「Future Innovator」として選出されました。今回のMTRL MeetupでMojsiejukは、彼女が最近関わった素材である銅、塩、チョコレートについて、また、新しいテクノロジーの文脈や、人間が素材と関わる新しい方法、科学に基づく新しい特性の付加など、新しい文脈で古い素材を再発見することの意味を来場者に語りました。

「Mojsiejukの最も顕著な作品のひとつに、主にファッションや椅子張りに応用されているニット生地の再文脈化があり、Kukaロボットを使って銅線構造を編むというものです。Knottyプロジェクトは、ブロックやレンガではなく、結び目や線から私たちの世界を構築できることを示しています」

バルセロナでのミートアップは盛況のうちに終了しました。
「Material Driven Innovation Award 2022」は、グローバルに新しい素材からアート作品までさまざまなエントリーが102件も集まりました。現在審査中となり、結果発表は4月中〜下旬を予定しております。

前へ

followを解除しました。