COMPETITION

ニールズヤード レメディーズのうつくしいブルーボト ルを利用した、新プロダクトのデザイン・アイデアを募集

1981年、ロンドンで誕生したニールズヤード レメディーズは、創業以来、自然と健康に配慮し たオーガニック製品を製造・販売しています。

ポリシーに掲げる環境への配慮は製品づくりにとどまらず、使用済みの化粧品ボトルを回収 し、リサイクルする活動も積極的に行なっています。これまでに回収されたボトルは溶かされて 箸置きに変わったり、砕かれて道路のカレットとして再利用されていました。

このボトルを、デザインのちからでひとにも環境にもやさしい魅力的なプロダクトに変身させ ることはできないでしょうか?『1万人のクリエイターミーツパスザバトン』プロジェクトvol.2で は、ニールズヤード レメディーズのボトルを使った新プロダクトのアイデアとデザインイメー ジを、オープンコンペ形式*で募集します。

今回採用されたアイデアは、キギやパスザバトンとの協働を経て商品化、パスザバトンのWeb ショップや店舗で販売される予定です。

デザインを作るための要件とヒント

1)5つのボトルサイズ


今回のテーマとなる使用済みボトルは5つのサイズに限 定。単一でも、異なるサイズを組み合わせてもかまいませ。 ん。ボトルのサイズは、1...H16.8×W5×D5/2... H12.3×W4.5×D4.5/3...H9×W4×D4/4... H8.5×W3×D3/5...H6×W2.5×D2.5(cm)

2)ボトルの形状を活かしたプロダクト


ボトルの形状のままプロダクトにリサイクルするアイデア も可能です。ボトルの口をカットして指輪に変えたり、容 器として別用途に利用する...など。写真は空間クリエイタ ー、キム・ソンへ氏によるブルーボトルを使ったシャンデリア。

3)ガラスを溶かして新しい形にする


ガラス工房でボトルを溶かし、全く別のガラス製品として 変身させるアイデアも歓迎します。写真は箸置きとマッサージボウル。


ニールズヤード レメディーズとは

ニールズヤード レメディーズのポリシーは「大量につ くることよりも、大切につくること」。合成香料や遺伝 「子組み換え作物を使わない、動物実験は行わないな ど、ひとと自然を気遣ったオーガニック化粧品やアロ マ製品などを販売しています。

>>ニールズヤード レメディーズのサイト

ボトルにも採用されている鮮やかなコバルトブルー は、ニールズヤード レメディーズを象徴する色。

このプロジェクトについて

「1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON」は、「NEW RECYCLE(ニューリサイクル)」をコンセプトに様々なメーカーの在庫品やユーズド品をより魅力的なプロダクトに再生しているセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」と「ロフトワークドットコム」による、サステナブルなものづくりの学びと協働プロジェクトです。

4つのプロジェクトを通じて、B級品やデッドストックと呼ばれるものを「素敵なプロダクト」に変えるデザインアイデアをオンラインで募集し、PASS THE BATONやアートディレクターとの協働を通じて、実際に商品化を目指します。

デザインを選定する人

植原 亮輔・渡邉 良重  クリエイティブディレクター、アートディレクター

遠山 正道 株式会社スマイルズ 代表取締役

林 千晶 株式会社ロフトワーク 代表取締役

募集概要

募集内容

ニールズヤード レメディーズの使用済みブルーボトルを利用した新プロダクトのデザインイメージ

募集期間

2013年5月1日 ~ 6月16日 6月24日 24時まで

採用作品数

1名

採用特典

1. 採用デザインの商品化
2. 実際の商品 数点(各回ごとに異なります)
3. 第一線で活躍するアートディレクターとPASS THE BATONと商品化に向けた協働体験

審査員

遠山正道 氏 (株式会社スマイルズ)
植原 亮輔 氏、渡邉 良重 氏 (株式会社キギ) 
林千晶 (株式会社ロフトワーク)

応募資格

どなたでも参加できます。
(ロフトワークドットコムのアカウントが必要です。登録・利用料無料

応募方法

「背景と課題」を読んだうえ、既定の応募フォーマットを使用してデザインイメージ、コンセプトを作成。
awrd.comの「マイダウンロード」へ“10000me02” のタグを付けた作品画像を投稿すること。詳しくはこちらを参照。

主催

株式会社スマイルズ、株式会社ロフトワーク

このアワードのシリーズページ

「1万人のクリエイターミーツPASS THE BATON」は、「NEW RECYCLE(ニューリサイクル)」をコンセプトに様々なメーカーの在庫品やユーズド品をより魅力的なプロダクトに再生するセレクトリサイクルショップ『PASS THE BATON』とロフトワークが協働したプロジェクトです。

>>シリーズページを見る

お問い合わせ

前へ

followを解除しました。