COMPETITION

NEWVIEW AWARDS 2022|溶け合うリアリティを創造せよ

ファッション/カルチャー/アート分野のXRコンテンツアワード。 5周年となる今年のテーマは「Create a Melting Reality」。溶け合うリアリティを創造せよ。

募集終了 2022/08/08(月) - 2022/10/31(月)

エントリー受付は終了いたしました。
ファイナリスト発表は11月末頃を予定しております。

NEWVIEW AWARDS 2022
- Create a Melting Reality -


3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓するプロジェクト/コミュニティ「NEWVIEW」は、ファッション/カルチャー/アート分野のXRコンテンツ・アワード「NEWVIEW AWARDS 2022」を開催します。

過去4年間で世界17ヶ国から計774作品がエントリー。

5周年となる今年のテーマは「Create a Melting Reality」。リアルとバーチャルが物理的 / 感覚的に溶け合うような表現や体験、さらには既存の文化をアップデートし得る作品を募集します! 古今東西、多種多様なカルチャーが世界中から集積するTOKYO / SHIBUYAをフィールドに、受賞アーティストが次世代のXR表現に向けた実践をできる支援を実施。近未来、世界主要都市をアーティストの手でリアルメタバース化していく実験を仕掛けていきます。

応募条件は、あらゆる表現フィールドのアーティストに空間表現の場を提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」(https://styly.cc)で作られた作品であること。

リアルとバーチャルが溶け合う、野心的なアプローチを期待しています。


→NEWVIEW AWARDS 2021の受賞作品を見る

→NEWVIEW AWARDS 2020の受賞作品を見る

審査員長メッセージ


Create a Melting Reality(MR) / 溶け合うリアリティを創造せよ 
審査員長 宇川直宏(現”在”美術家 / DOMMUNE主宰)

遂にポストパンデミック時代の到来である。
2020年、COVID-19の世界的な感染拡大により、フィジカリティーは規制され、アート&エンターティンメントはバーチャル世界への一斉避難行なった。そしてこの年、メタバースがバズワードになった。リアリティーは新たな意味を持ち、個々の主体によって体験される出来事の基底は揺らぎ、進化し、現実という概念はリ・デザインされた。並行に、ウィルスは弱毒化を伴いアダプテーションし、ようやく世界は with コロナ時代に差し掛かったと言えよう。そう2022年は、ポストパンデミック元年なのである。故に、再び物理世界での身体的な知覚体験や、よりエモーショナルなコミュニケーションへの渇望が始まっているようにも感じる。また一方で、仮想レイヤーによってリ・デザインされたリアリティも、物理世界では味わうことの出来ない更なる体験を誘発し続けている!!!!! そこで今年のNEWVIEW AWARDSでは、リアルとバーチャルが溶け合う新たな表現の可能性を問いたい。それは物理世界に新たなニューレイヤーを重ね、五感を溶かし、琴線を揺さぶるような表現のことだ。NEWVIEW AWARDS 2022 第5回目の今回は、リアルとバーチャルが溶け合う新たな知覚体験を指し示す作品を求める。
Create a Melting Reality!!!!!

審査基準

「Melting Reality」を創造する作品を評価

1)テーマの解釈とアプローチの面白さ
溶け合うリアリティというテーマを独自に解釈し、かつユニークなアプローチの作品を評価


2)ユーザー体験の更新
体験者のものの見方や価値観を更新し、かつ体験としての質が高い作品を評価


3)発展の可能性
XRによって、ファッション/ミュージック/アートなど既存のカルチャーの可能性を開く作品を評価

PRIZE

世界中から発掘する次世代の才能が、新たなクリエイションを発揮できる機会を提供

GRAND Prize
審査員長:宇川直宏(現”在”美術家 / DOMMUNE主宰)

新作の制作支援金として最大$10,000 USDを提供、NEWVIEWを象徴するXRアーティストとして、XRシーンでの飛躍をバックアップします。SUPER DOMMUNEでの番組化、2023年のNEWVIEW FESTでの作品披露ほか、NEWVIEWが2023年度にグローバルに展開するさまざまなプロジェクトやイベントで活動、露出の機会を提供予定です。


ULTRA STAGE Prize
審査員:Kizuna AI Inc.(バーチャルタレントの運営チーム / クリエイティブチーム)

キズナアイの声を元に開発された歌唱特化型AIキャラクター「#kzn」(愛称 キズナちゃん)のPrize。受賞アーティストは、2023年2月に予定する「#kzn」のファーストライブのステージ空間演出に参加できます。また、制作支援金として最大$5,000 USDを提供します。
※複数名選出の可能性あり。複数名の場合は制作支援金が人数に応じて分割されます。

ULTRA SO SESSION Prize
審査員:Shinichi Osawa(音楽家 / 作曲家 / DJ / プロデューサー)

ULTRA SO SESSION Prizeは次世代の楽曲制作のアプローチを探求する音楽家、作曲家、DJ、プロデューサーShinichi Osawa(MONDO GROSSO)が、新たなセッションパートナーとしてXRアーティストを選出するPrizeです。2023年に共に新たな作品制作を行いリリースを予定しています。また、制作支援金として最大$5,000 USDを提供します。

ULTRA TOUR Prize
審査員:Lu Yang(アーティスト)

ULTRA TOUR Prizeは、「RPGレストラン」などで話題になった、複数人で同時に参加できるXRを用いた超初体験なツアープログラム「ULTRA TOUR by STYLY」のコンテンツ制作クリエイターを選出するPrizeです。世界主要な美術機関や国際アート公募展に作品選出される、著名な学者、実験的なクリエイター、マルチメディアアーティストのLu Yangが審査を行うほか、受賞アーティストとのコンテンツ制作にメンターとして協力します。また、制作支援金として最大$5,000 USDを提供します。

ULTRA MEDIA Prize
審査員:yurinasia(ダンサー / ダンスインストラクター / コレオグラファー)

ULTRA MEDIA Prizeは、カルチャーマガジンEYESCREAMが提供するPrizeです。審査員は世界から注目を浴びるダンサー、コレオグラファーのyurinasia (ユリナジア)が務め、選出アーティストは、WEB記事にてフィーチャー。yurinasiaとのコラボレーション作品制作を予定しています。また、制作支援金として最大$5,000 USDを提供します。

ULTRA GRAPHIC Prize
審査員:北川一成(GRAPH代表取締役 / デザイナー / アーティスト)

ULTRA GRAPHIC Prizeは、パルコが提案するあたらしいアートマーケット「PARCO PRINT CENTER」が、リアルとデジタルが掛け合わされた新たなアートプロダクト創造を共にするクリエイターを選出するPRIZEです。 受賞クリエイターと最適なアウトプット方法を協議の上、PARCO PRINT CENTERで販売するプロダクトを制作します。また、制作支援金として最大$5,000 USDを提供します。

ULTRA INNOVATION Prize
審査員:清水幹太(ベースドラム代表取締役/テクニカルディレクター ) x ルカ(アーティスト)

ULTRA INNOVATION PRIZEでは、技術分野の司令塔としてあらゆるアイデアを形にする「BASSDRUM」が、アートとテクノロジーを融合した新たな体験を共に創るクリエイターを選出します。
受賞クリエイターには、BASSDRUMがテクニカルディレクションを手がける展示会のアート制作権を進呈します。また、支援金として最大$5,000 USDを提供します。

ULTRA CULTURE Prize
審査員:小林大介(プロデューサー / 株式会社パルコ エンタテインメント事業部 部長)

kobayashi

ULTRA CULTURE Prizeは、創業から先端のカルチャー発信を通じたインキュベートを続けるパルコが、XRの新しい体験創造実験を共に行うアーティストを選出するPRIZEです。受賞クリエイターが”やってみたい”アイデアをベースにパルコとコラボワークを制作し、作品をパルコのイベントとしてお披露目する機会を提供します。また、制作支援金として最大$5,000 USDを提供します。

ULTRA IDEA Prize
審査員:Nick den Boer(ディレクター / アニメーター / デジタルアーティスト)

技術力不問! ワンアイデアで受賞可能な新Prizeが「ULTRA IDEA Prize」です。体験時間の目安は15秒。作り込みはできるだけシンプルに。ユニークなアイデアと表現で、心を動かした作品を評価します。XR初心者上等! 奔放なアイデア、新たな才能を期待しています。
受賞者には、新作の作品制作支援金として$ 2,000 USDが与えられるほか、より深くXRの表現と技術を学ぶ「NEWVIEW SCHOOL」2023年度の受講権利が与えられます。

※STYLYでは簡単に「アニメーション」「インタラクション」を設定できます。
参考:Modifier スターターガイド:https://styly.cc/ja/manual/modifier-starter-guide
※ NEWVIEW SCHOOLの受講地域(日本、カナダ、イギリス、台湾など)は、受賞者と相談して決定。

【SNSでの反応も評価の対象に】
本PRIZEは審査員による評価だけでなく、SNSでの反応も評価の対象となるため、本サイトでの応募に加え、必ずTwitterまたはInstagramにて「#NEWVIEWAWARDS2022」 をつけて、以下を含む形で投稿ください。
・作品名
・作品キャプチャ動画または画像
・作品URL(STYLY上で「Publish」を行い、作成されるシーンのURL)
・作品説明 / コメント(任意)

賞について

  • GRAND Prize

  • COLLABORATION Prize

  • ULTRA IDEA Prize

  • FINALISTS

全体スケジュール

審査員

協力・協賛

コラボレーションパートナー

サポーター

メディアパートナー

お問い合わせ

前へ

followを解除しました。