COMPETITION


<更新情報>

2019.11.01
『QWSチャレンジ#02』応募ページを公開しました!


<参考情報>

『QWSチャレンジ#01』採択会レポート

『QWSチャレンジ#01』事前説明会レポート

「未知の価値に挑戦するプロジェクト」
を募集します。


2019年11月1日に開業したSHIBUYA QWS(渋谷キューズ)
『QWSチャレンジ』は「未知の価値に挑戦するプロジェクト」を推進するプログラムです。

3ヶ月毎に公募を行い、採択されたチームは
渋谷駅直結のプロジェクトスペースが無料で利用可能です。

自らの感性に基づいた自発的な[問い]を持ち、
多様なプレイヤーを巻き込みながら進めることができる内容であれば、
分野や規模に制限はありません。未完成歓迎です。

[問い]を起点にプロジェクトを立ち上げたい人。
プロジェクトチームの活動拠点を探している人。
多様な人々が集まる渋谷で、プロジェクトの更なる可能性を試したい人。
などに、オススメのプログラムです。

あなたのご応募をお待ちしています!

ENTRY

応募に際し、応募要項をあらかじめご確認ください。エントリーいただいた時点で応募要項に同意したものとみなします。 応募が完了すると応募完了メールが届きます。

募集テーマ : 越境する[問い]


「コンパスの針はなぜ北を指すのだろう?」
「どうしたら耳の聞こえない人に声を伝えられる?」

学問にも、問題にもなっていない、
日常から立ち上がる雑多な[問い]。

まだ誰も知らない、未来を創るアイデアは、
いつだって[問い]から生まれるのではないでしょうか。

そしてその[問い]こそが、
あらゆる立場や領域を越えていく、
可能性を秘めているのではないでしょうか?

SHIBUYA QWSの施設名は
「Question with Sensibility」の頭文字に由来しています。
QWSでは、わからないものを面白がる好奇心も、
現状に満足しない違和感も、
未来を創り出す、大切な「問いの感性」だと考えます。

あなたが持つ問いの感性が、QWSに集まるプレイヤーを触発し、多様な視点と混ざり合う。
まだ答えになっていない[問い]だからこそ、立場や領域を越えたコラボレーションが起きる。

その時いったい、何が生まれるのでしょうか。
越境する[問い]は、どんな未来を創り出すでしょうか?

『QWSチャレンジ』は、「未知の価値に挑戦するプロジェクト」を募集します。

支援内容

  • 01

    プロジェクトスペースの提供(3ヶ月間)|2020年2月1日〜2020年4月30日

    可動式のテーブルやホワイトボード、FABルームを備えた「PROJECT BASE」や「CROSS PARK」など、渋谷駅直結のプロジェクトスペースが無料で利用可能です。活動の拠点はもちろん、プロトタイピングもでき、[問い]と向き合いながらプロジェクトを磨き上げる場として活用できます。

    ※設備の詳細は「よくあるご質問」にまとめています。

    00_SHIBUYA-QWSプロジェクトベース.jpg?mtime=20190708175917#asset:8424812

  • 02

    Scramble Society(スクランブルソサエティ)の多様なネットワーク

    SHIBUYA QWSには、渋谷ならではの多様な人々が年代や専門領域を越えて集まっています。日常では出会えないScramble Societyのプレイヤー達とセッションすれば、思わぬ[問い]に出会い、プロジェクトの新しいチャンスが見つかるかもしれません。

    00_SHIBUYA-QWSクロスパーク.jpg?mtime=20190708180002#asset:8424813

  • 03

    『QWSステージ』での発表の場|2020年4月下旬予定

    3ヶ月間の活動を経た後は、SHIBUYA QWSでチャレンジした内容の発表会として『QWSステージ』に参加できます。多様なプロフェッショナルが集う発表の場で[問い]を放ち、プロジェクトの次なる可能性を目指していきます。

    00_SHIBUYA-QWSスクランブルホール.jpg?mtime=20190708180045#asset:8424817

採択員

連携先である大学含め、領域を越えて活躍しているリーディングプレイヤーを招き、プロジェクトの採択を行います。

採択員の皆様からの、応募プロジェクトに向けたメッセージはこちら

熊倉純子|東京藝術大学大学院国際芸術創造科 研究科長

パリ第十大学卒、慶應義塾大学大学院修了。企業メセナ協議会を経て、東京藝術大学教授。アートマネジメントの専門人材を育成し、「取手アートプロジェクト」、「アートアクセスあだち音まち千住の縁」など、地域型アートプロジェクトに携わりながらアートと市民社会の関係を模索し、文化政策を提案する。東京都芸術文化評議会文化都市政策部会委員、文化庁文化審議会文化政策部会委員などを歴任。監修書に『アートプロジェクトー芸術と共創する社会』他。

栗栖良依|パラ・クリエイティブプロデューサー/ディレクター。SLOW LABEL ディレクター。

「日常における非日常」をテーマに異分野・異文化の人や地域を繋げ、新しい価値を創造するプロジェクトを多方面で展開。2010年、骨肉腫をきっかけに右下肢機能全廃。障害福祉の世界と出会う。11年、「SLOW LABEL」を設立。14年、障害者と多様な分野のプロフェッショナルによる現代アートの国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」を立ち上げ、総合ディレクターを務める。パフォーマンスプロジェクト「SLOW MOVEMENT」では、総合演出として創作の指揮をとりながら、障害のある人が芸術活動に参加するための環境整備や支援人材の育成に取り組む。第65回横浜文化賞「文化・芸術奨励賞」受賞。東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム、クリエイティブディレクター。

遠山正道|株式会社スマイルズ 代表取締役社長

東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、三菱商事株式会社入社。2000年株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。現在、「Soup Stock Tokyo」のほか、「giraffe」、「PASS THE BATON」「100本のスプーン」等を展開。「生活価値の拡充」を企業理念に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず、現代の新しい生活の在り方を提案している。近著に『成功することを決めた』(新潮文庫)、『やりたいことをやるというビジネスモデル-PASS THE BATONの軌跡』(弘文堂)がある。

長谷川愛|アーティスト、デザイナー

アーティスト、デザイナー。バイオアートやスペキュラティブ・デザイン、デザイン・フィクション等の手法によって、テクノロジーと人がかかわる問題にコンセプトを置いた作品が多い。 IAMAS卒業後渡英。2012年英国Royal College of ArtにてMA修士取得。2014年から2016年秋までMIT Media Labにて研究員、MS修士取得。2017年4月から東京大学 特任研究員。「(不)可能な子供/(im)possible baby」が第19回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞。森美術館、アルスエレクトロニカ等、国内外で多数展示。

ハヤカワ五味|株式会社ウツワ 代表取締役

1995年東京生まれ、多摩美大卒業。課題解決型アパレルブランドを運営する株式会社ウツワ代表取締役。 大学入学後にランジェリーブランド《feast》2017年にはワンピースの《ダブルチャカ》を立ち上げ、Eコマースを主として販売を続ける。2018年にはラフォーレ原宿に直営店舗《LAVISHOP》を出店。2019年より生理用品のセレクトショップ《illuminate》を始動。

林千晶|株式会社ロフトワーク 代表取締役

2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは多岐に渡る。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD」などを運営。MITメディアラボ 所長補佐、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「飛騨の森でクマは踊る」代表取締役社長も務める。

宮城治男|NPO法人 ETIC. 代表理事

1993年から若い世代が自ら社会に働きかけ、仕事を生み出していく起業家型リーダーの育成に取り組み、800人以上の起業家を支援。97年から長期実践型インターンシッププログラムを事業化。2001年にはETIC.ソーシャルベンチャーセンターを設立、社会起業家育成のための支援を開始し、社会起業塾イニシアティブ等を手がける。04年からは地域における人材育成支援のチャレンジ・コミュニティ・プロジェクトを開始。11年から震災復興支援にも注力。世界経済フォーラム ヤング・グローバル・リーダーズに選出される。

採択基準

❶可能性

未知の価値を創発する、可能性のある[問い]か?

❷自発性

自らの感性に基づいた、自発性のある[問い]か?

❸具体性

[問い]に応答する、具体性のあるプロジェクトか?

採択後の流れ

  • 01

     SHIBUYA QWS入居 / プロジェクト開始

    3ヶ月間の中で、[問い] とアウトプットを繰り返しながらプロジェクトを磨き上げます。

  • 02

     『スクランブルミーティング』への参加

    毎月定期的に開催される『スクランブルミーティング』で、プロジェクトの進捗を報告。Scramble Societyの多様なプロフェッショナルから、直接アドバイスを受けられます。

  • 03

     『QWSステージ』での発表

    [問い]から生まれた「未知の価値」を発表。展示会、トークイベントの開催、パフォーマンス、作品の発表、研究会など、アウトプットの形態は問いません。

スケジュール

募集期間

2019年11月1日(金)0:00〜2019年1月7日(火)23:59(日本時間)

採択結果通知

2020年1月中旬予定

【参加必須】入居説明会

2020年1月下旬予定

無料活動期間

2020年2月1日〜2020年4月30日(3ヶ月間)※期間終了後も、SHIBUYA QWSでの活動を優待価格にてご継続いただけます。(登録必要)

【参加必須】QWSステージ(発表会)

2020年4月下旬予定

募集について


応募資格

1) プロジェクト実施期間中はSHIBUYA QWSを主要拠点として活動できること
2) 3名以上のグループであること(応募はグループの代表者1名のみで構いません)

募集対象

未知の価値に挑戦するプロジェクトチームを広く募集します。
自らの感性に基づいた自発的な[問い]を持ち、多様なプレイヤーを巻き込みながら進めることができる内容であれば、分野や規模は問いません。未完成歓迎です。

募集テーマ

越境する[問い]

採択基準

01 可能性:
未知の価値を創発する、可能性のある[問い]か?

02 自発性:
自らの感性に基づいた、自発性のある[問い]か?

03 具体性:
[問い]に応答する、具体性のあるプロジェクトか?

応募に必要なもの

プロジェクトの趣旨:
「何にチャレンジするのか?」「なぜチャレンジするのか?」「どのようにチャレンジするのか?」プロジェクトの内容と[問い]を記載してください。

プロジェクトスケジュール:
どのような手順でプロジェクトを進めていくのかの計画と、プロジェクト実行に必要な期間を記載してください。

プロジェクトメンバー:
プロジェクトを実行する各チームメンバーの氏名と役割を記載してください。

応募要項

応募前に、応募要項を必ずご確認ください。

よくあるご質問

よくあるご質問はこちらです。



ENTRY

応募に際し、応募要項をあらかじめご確認ください。エントリーいただいた時点で応募要項に同意したものとみなします。 応募が完了すると応募完了メールが届きます。

主催

企画運営

戻る