COMPETITION

アイデアヒント


「遊び」を考えるヒントになる情報をご紹介します。

「遊び」を考えるための軸

ゼロから漠然と「新しい遊び」を考えても良いアイデアを思いつくのは難しでしょう。まず以下の5つを軸に世の中にあるいろいろな「遊び」をインプットし、それぞれの「遊び」の特徴を考えてみましょう。

①日本古来の遊び

(例)おしくらまんじゅうや鬼ごっこのような広い世代で馴染みのある遊び

②地域特有の遊び

(例)大根抜きやケイドロのようなローカルルールがある遊び

③世界の遊び

(例)カバディやクッブのような日本ではまだあまり馴染みのない遊び

④新しい遊び

(例) VRやARのような最新テクノロジーを使った遊び

⑤遊びか分からない遊び

(例)ゴロゴロするなど、ルールはないが自然と体が動いてしまうような遊び


いろいろな「遊び」のインスピレーション

アイデアを考える上でインスピレーションとなる「遊び」をまとめたPinterestのボードとリンク集です。ぜひ参考にしてみてください。

※アイデアの参考にする際、応募規約に記載されている禁止事項に留意してください。

▼Pinterestボード

こちらからご覧いただけます。

▼「遊び」のリンク

・日本のあそび・世界のあそび

http://sumiseiafterschool.jp/p...

・あそびのデータバンク

http://www.kodomo-next.jp/play...

・外遊び・集団遊び 56種類まとめ

https://45mix.net/soto-asobi-m...

・レクリエーション・ゲーム

https://recreation.or.jp/playi...

・遊びプログラム

https://www.japan-sports.or.jp...

・超人スポーツ

https://superhuman-sports.org/...

・世界ゆるスポーツ協会

https://yurusports.com/


アイデアシート

事務局で作成したアイデアシートの記入例です。

wheeebo_ideasheet_sample.jpg?mtime=20190725003033#asset:8525709


アイデアシートの書き方

① Wheeeboを使った新しい遊び方を考える上で参考になった遊びを記入する。

② 参考にした遊びの何がインスピレーションとなったかを記入する。

③ Wheeeboの特徴をリストから選択する。

④ ②と③を掛け合わせ、新しい遊びのアイデアを考える。考えた遊びの名前、ビジュアルイメージ、概要、ポイントを記入する。

戻る