CREATIVES

  • 124

Earth Cost

環境に本当にやさしい商品を生活者が能動的に選べるような社会をつくることを目的に考案された商品表示規格のアイデアです。商品の製造だけでなく、輸送やリサイクルまで考慮したライフサイクルアセスメントの考え方をベースにCO2排出による環境影響を数値として算出。自分の買う商品の環境負荷を見える化することで、Earth Cost(=地球へのコスト)も値段やカロリーのように比較して選べるようになる。そんな買い物の「新しいものさし」になるべく社会実装プロジェクトが進行中で、第一弾として渋谷スクランブルスクエアでの展示を10月28日から実施予定です。 数値化にあたってはライフサイクルアセスメントの第一人者である東京都市大学の伊坪教授及び研究室と協業しています。

前へ