CREATIVES

  • 71

-廃棄を運命つけられていない新しいワニ革-

その他
永遠のラグジュアリーの象徴、ワニ革、クロコダイル。

特殊なプラスチックと圧力、熱加工素材変化などを経て
何度も繰り返し使用する事を可能にした。

動物愛護の立場で無く、
あくまで、人類が見出してきたクロコダイルの革を使う事の
文明的な美を受け継ぎつつ。中立的立場で、
今ある自然のクロコダイルの美しさを永遠に。

一滴も血を流さずに。

どんな形にだってなる。バッグが飽きたら、食器にだってジュエリーにだってなるし、
ワニ革が飽きたら、ヘビ革にだって。

これからの豊かさは新しいものをつくりあげるエネルギーを秘めているかどうかだと思うんだ。

前へ