CREATIVES

  • 183

ある日の風

その他
加速度センサーを使用して、風を3次元で観測。その動きをグラフィックにして、2次元で壁画して投影しました。沖縄県のディープな辺境、桃原共同販売店、新里商店、伊計島漁港の3箇所に描かれています。

桃原共同販売店
2022/11/8 15:44

壁画は平面ではあるものの、柱を立体的に使うことで、同じ風を2方向から描き、立体感を出しました。柱に描く着想は、島の植物から得ています。島の植物は荒々しく、生き生きとしており、人間の作った住居を侵食するくらいの生命力があることを知り、色のラインも同じように生活に入り込むことができたら素敵だなと思いました。

新里商店
2022/11/8 15:44

新里商店の建物をみたとき、全体のフォルムや窓や扉から、四角いイメージがわきました。風のラインはランダムですが、四角く切り抜くことで、建物と調和するように調整しています。また、新里商店は、やや小高い丘の上にあり、北からも南からも風がとてもよく吹く場所です。島のバスも定期的に停車し、売店に訪れる人たちもいて、人々が不規則に交わるイメージもたくさんのラインと重なります。

伊計島漁港
2022/11/8 15:44

伊計島漁港は想像と違い、やわらかでおだやかな風がふく場所でした。釣人や海人が定期的に訪れ、それぞれのペースで楽しんでいます。この場所の開放的な空気感を水色でペイントされた建物、三角の屋根に調和するようデザイン。共同売店方向からみても、シンボリックな作品になるよう大きめでわかりやすいラインにしています。屋根の影は、作品と重なるように角度をあわせているので、晴れた日に影とあわせて見てほしいです。

桃原共同販売店 - 2022/11/8 15:44 -

新里商店 - 2022/11/8 15:44 -

伊計島漁港 - 2022/11/8 15:44 -

前へ