CREATIVES

  • 136

WEAR LIGHTS

ファッション / グラフィック / プロダクト
WEAR LIGHTS
光をまとう、切子かんざし。  

かつての日本女性には、艶やかな髪と美しい後ろ姿があった。
現代の女性は忙しい。さっと髪を結び留めただけで、後ろ姿から美しくなれる装身具をデザインした。

江戸切子の職人が、ひとつひとつ丁寧に手作業でカッティングを施したガラスのかんざしは、 晴れた冬の日の水面に張った氷のように、キラキラと輝く。 さっとつけた瞬間から、エレガントな光をまとうかんざし。 昔から女性たちに好まれた文様を江戸切子で表現し、 素材には、切子誕生当初からの素材である透きガラスを使用し、太陽、月、水平線をモチーフに3タイプのデザインで展開。クラフト感を引き立てつつ現代的なイメージを表現するため、ミニマルなデザインに仕上げた。

前へ