CREATIVES

  • 186

short-term memory

その他
”すぐに消えてしまう記憶”をテーマに古いアルバムから切り抜いた写真を再撮影して写真作品を作っている。

「short-term memory」。人は殆どの記憶をすぐに忘れてしまう。
思い出はいつも曖昧で、そこにいたのは事実だけど、思い出の半分はフィクションのようだ。
古いアルバムの写真を切り抜き、もう一度写真に撮る。
フィルムで、デジタル合成はせず、一回のシャッターで撮る。真っ暗な部屋の中で長時間露光のシャッターが切れるまでの時間にペンライトの光で照らして像をフィルムに焼き付けた。
それはまるで暗闇の中から光で曖昧な記憶を探しては再びフィルムに焼き付ける行為のようだ。
そうして再び写し出された写真はカメラの被写界深度でボケていてなんだか歪だけれど、遠い遠い思い出を眺めているときの感触に似ている気がした。

前へ