CREATIVES

  • 19
  • 4469

Celestial Greeting Card

「紙」は色々な特性を持っていますが、その中で今回私が注目したのは、「折る」と「書く(描く)」です。カットを加えることで、いかに折るようにできるか、そしてその出来上がったカタチに合うように(または合わないように)、書き込んでいける楽しいものを目指しました。

出来上がったものは少し複雑そうに見えますが、 カットと組み立て方法はとてもシンプルです。
半円形のカットが2本ずつ、少しずつ角度を変えて連なってるので、真ん中から順番に折り曲げていくと、天球儀のような、立体的な同心円の連なりが姿を表します。


このままでもオブジェとして使えそうですが、アイデア次第で 様々な使い方が出来ます。

カットを行に見立てて、一行おきに文章をかけば、
上部で空を飛ぶ文章と、読みやすい下部の文章が出来、

上に持ち上がる部分に星を書き込んで太陽系の模型のようなものを作ってみたり、

果物とか地球とか、球場のものの断面を書いてその立体展開図にしてみたり、

貝殻のような空間の中に何かを置いてみたり、

カットを気にせず絵を描いて、どんなものが立ち上がってくるか楽しんだり



ちょっとしたアイデアで様々な使い方が出来ると思います。

戻る