COMPETITION

“紙”ってこんなに面白い!歴史ある身近な素材、“紙”を使った、新しい「遊び」「コミュニケーション」「驚き」のデザインを募集します。

「You Fab」 はレーザーカッターでつくるアイデアを募集する、グローバルコンテストです。第二回目となる「You Fab 2013」では、私たちの生活に最も身近な素材、「紙」をテーマに世界中からアイデアを募集します。

2000年前に紙が誕生してから、人間は紙を使って文化を生み出し、その文化を紙に記録してきました。折る、重ねる、貼る、破る、ちぎる、描く、包む、切る、印刷する……。紙の加工方法を思い浮かべたとき、なんとなく原始的な「手」の動きを感じるのは、道具が生まれるはるか昔から、私たちが紙と一緒に生活してきたことの証でしょう。

2013年、長い歴史をもつ「紙」の可能性を新たに広げるアイデアを募集します! 「手」や、「はさみ」などのこれまでの道具の他、ハイテク工作機器「レーザーカッター」が、クリエイティブの新しい武器です。紙の魅力を、アイデアとレーザーカッターという新しい「手」で、刷新してください。

「紙のおもちゃ」「紙のグリーティング・カード」「紙でつくるパーティーウェアやアクセサリー」の3部門で募集!

本コンテストでは、紙と人のさまざまな関係性の中から、”遊び”と”コミュニケーション”、そして”驚き”の3つに注目し、「おもちゃ」「グリーティング・カード」「パーティーウェアやアクセサリー」の3カテゴリーで、レーザーカッターを使ったアイデアを募集します。

色や質感のバリエーションが豊富な紙。どんな紙を使うかは、あなたの自由です。

「レーザーカッターって、一体何?」「何ができる?」とレーザーカッター未体験の人も、ご心配なく!  下の「レーザーカッターでできること」を読み、アイデアを膨らませてください。

*Fab=レーザーカッターなど、デジタル工作機器を利用したものづくりのこと。詳しくはこちら

レーザーカッターでできること

コンピューター上のデータのとおりに、レーザー光によって素材を切断したり、彫刻したり、表面に刻印することができます。

1. 削る、刻印する

レーザーの強さを調整することで、彫刻の深さを変えられます。写真は、表が白、裏がオレンジの紙に、レーザーカッターで刻印し、凹凸をつけた例。下のロゴにいくにつれて、深く彫刻しています。

2.切断する

レーザーカッターで紙を切断した例。1mm以下のデザインでも、このようにデータのとおりに再現できます。ハサミや電動のこぎりでは実現不可能な、線密なカッティングが行えます。

応募方法

本公募は、ロフトワークドットコムのポートフォリオを使用したオープンコンペ形式で作品を募集します。応募の手順をクリックし、指示内容に従ってデザインを制作・応募してください。

主催  株式会社ロフトワーク、FabCafe Tokyo

協賛  株式会社 竹尾

takeopaper.comは、紙の専門商社 株式会社竹尾が運営するウェブストアです。テクスチャーや色数など多種多様な約9,000種の紙を揃え、全紙サイズ(製紙メーカーから流通されるシート状の大きな紙、原紙)1枚から販売しています。お好きなサイズへのカットも承ります。

このアワードのシリーズページはこちら

募集対象

賞について

  • 優秀賞(各部門1点)

  • 特別賞(各部門1点)

全体スケジュール

審査員

お問い合わせ

前へ

followを解除しました。