COMPETITION

世界中の小さなリソスタジオで、密かなブームが沸き起こっている印刷機械リソグラフ(RISOGRAPH)ローカルでグローバルなメイカソンが東京の武蔵小山から発信される!

第二回のテーマは「写真」です。

リソグラフで『写真』を印刷する手法を掘り下げるメイカソン。全3回の研究会を経て、写真の印刷作品を製作していきます。エントリー作品はZINEにまとめる予定です。

東京の武蔵小山にあるリソグラフのスタジオHand Saw Pressで、データの作り方から印刷まで相談することもできるので、リソグラフ印刷が初めての方でも参加いただけます。もちろん、他のリソスタジオや海外からの参加も歓迎します。

スケジュール

製作期間:7/12(木)〜8/4(土)

期間中の印刷予約や空き状況は、下記リンクのオフィシャルサイトをご確認ください。

期間中、研究会を開催します!

リソグラフで写真を印刷する手法を掘り下げて研究する会です。全3回を予定。
定員各回10名程度 ※研究会の参加ができない方も、メイカソン参加は可能です。

場所:Hand Saw Press 品川区小山5-8-18(東急目黒線武蔵小山駅徒歩5分)

参加をご希望の方は、info@handsawpress.com へお問い合わせください。


● 研究会1
日時:7月11日(水)20:00~

● 研究会2
日時:7月18日(水)20:00~

● 研究会3
日時:7月25日(水)20:00~

参加費:各1000円


研究テーマ

スキャニング・読み取りモード
写真1色刷りでスキャニングからプリントする時に設定する、「文字・写真・文字&写真・えんぴつ」という様々な読み取りモードの違いと濃度の違いを掘り下げていきます


データ・線数と拡散方式
データからプリントする時に設定する線数(編点の密度)や拡散方式(画像の粗さ)の数値設定による表現の違いを比べていきます。


分版
写真をCMYKなどの2〜4色に分けて版をつくり、それぞれの版の濃度を変えて印刷していきます。設定を変えることで変わる、表現の違いを研究していきます。

作品提出期限:8/4(土)

提出日までに、試した印刷を随時アップして、研究成果を発表してください。
A4サイズ以下(縦横自由)、写真作品、一人何点でもエントリーできます。(ZINEに掲載するのは一人2点まで)

鑑賞会:8/5(日)14:00-16:00 (参加任意)

参加費:なし(1ドリンクオーダー)

出来上がった作品の鑑賞会をします。海外や東京以外の参加者の作品は、サイト上でご覧ください。

戻る