COMPETITION

募集要項

KIGIによる1次審査の後、IZU PHOTO MUSEUM館長の岡野晃子さんをコメンテーターに迎え審査を行います。優秀作品はOFS Galleryでの展示やイベント開催のチャンスあり。

■ 応募するもの
アーティストとして活動している方や作品制作を行っている方(ジャンルの指定はありませんがOFS Galleryで作品が展示もしくは上演可能な作品に限ります)

※これから制作する作品プランで応募の方はOFS Galleryで作品が展示・上演可能な形態の企画が対象。
※作品制作など展示に必要な費用は全てアーティストの負担となります。


■ 応募に必要なもの
以下の情報を応募時にご用意下さい。

● 応募作品の画像
カラー写真計4点まで。
プランの場合はイメージスケッチや資料写真、世界観を表現するイメージ写真など作品に関して何らかのビジュアル案がわかるもの。
作品の場合は全体・側面・ディティール・サイズ感などがわかるようなカラー写真を必ずアップロードしてください。1エントリーにつき最大4点まで投稿可能です。

※この写真は応募時点でサイト上に公開されます。

[1エントリーあたりの作品応募点数]
1エントリーにつき、最大2作品まで投稿が可能です。
*エントリー回数の制限はありませんので、作品ごとの写真が多い場合は、エントリーを分けてください。

● 作品の説明(300字程度
*このテキストは応募時点でサイト上に公開されます。

●素材や技法(該当する方のみ)

●サイズ(該当する方のみ)

● プロフィール
※これまでの作品や活動、ブランド紹介など拝見できるその他のページがある場合はそのURLも含む。

■ 選考

WEB上に応募頂いた作品からKIGIが1次審査を行います。その後コメンテーターを交えて受賞者を選出します。

応募締切:8月15日(水)

一次審査:8月17日(金)
KIGIによる一次審査。
その後、2次審査に進む方にご連絡。
応募作品・プランに関してより詳細な作品資料をお送り下さい。(審査にともなう資料送付費は応募者の負担となります)

■提出していただく資料

・概要・コンセプトなどの文字情報(A4一枚にまとめてください)
・展示イメージや画像(提出数の制限はありません)
・今までの活動がわかるポートフォリオや活動歴をまとめたもの(提出数の制限はありません)

二次審査:8月27日(月)
※ゲストコメンテーターの岡野晃子さんを迎え、二次審査を行います。一次審査を通過した方は上記日程までに作品資料の提出をお願いします。

受賞者発表:9月下旬

■ 参加条件

どなたでもご参加いただけます。グループでの応募でも可。その場合は代表の方がご応募下さい。

こんな方におすすめ→
・ギャラリーで展示を行い、作品発表の機会を持ちたい
・美術の専門家からのアドバイスをもらいたい
・この機会に新作を制作してみたい

■ 賞について

大賞:OFS Galleryでの展示
展示時期・期間は受賞者と協議の上決定します。

入賞:審査員のKIGIとコメンテーターの岡野晃子さんのコメントを審査後にAWRDサイトに掲出します。

※審査後、各部門該当者がいない場合は受賞者なしとします。
審査基準や選考コメントなど作品に関する個別対応は行っておりません。

前へ

followを解除しました。