CREATIVES

  • 0
  • 111

Voltaic Realism

Others
There are 800,000 suicides globally per year, and every second, Twitter is flooded with people telling the world that they want to die. Yet, we do not feel the weight of the words on the screen. They remain little more than flashing lights.
 
With ‘Voltaic Realism’, Fujita Keisuke materialises this endless stream of suffering that would otherwise vanish. His real-time installation converts digital signals into physical substance.
 
Each Tweet uses 0.0054g of carbon as it is transmitted across servers and devices. So for each suicide Tweet registered, 0.0054g is scratched from a large chunk of solid carbon until gradually it is worn down, one sad message at a time.

---

毎年、世界中で80万人が自殺によって命を絶つ。自殺未遂を含めると、その数字は何倍にも膨れ上がる。

「死にたい」とつぶやく世界中の人々の声は、毎秒、Twitterのタイムラインに溢れかえっている。ディスプレイ上に現れては消えるその叫びは光の点滅でしかなく、情報過多の今日を生きる私たちはその「言葉の質量」を感じ取ることができない。

「Voltaic Realism」はTwitter上に絶え間なく流れる言葉を物質化する。

ひとつのツイートは端末とサーバーを通過する過程で、現実世界に0.0054gの炭素を排出する。このリアルタイムインスタレーションは、各言語による「死にたい」ツイートが投稿される度、固形炭素の塊で作られた像から0.0054gを削り落とす。心の叫びの一形態であるデジタル信号ひとつひとつを、認識できる、たしかなものに再変換し、そこに残す。

Back