CREATIVES

  • 85

終わりも始まりもない場所

製作を続ける理由は沢山ありますが
一つには、自分の居場所をつくる。ということです。
もの心ついた時から身体と精神は別だと実感していました。
そのせいか、精神の居場所がなく
フラフラと彷徨うように思春期を過ごしました。
しかしある日、持病により死と生の狭間に立ち
幸いなことに一命を取り止めました。
その出来事から私は
「死に飲み込まれない精神の居場所をつくろう。」
と思ったのです。
おかしなことですが
死という存在を実感し、やっと自分の居場所を見つけることが出来たのです。
それが今の製作活動に繋がります。
この作品は居場所の一つの時空にすぎません。
「終わりも始まりもない場所」
を目指してこれからもつくり続けます。

(メイン画像以外の写真はイメージ画像です)

Back