COMPETITION

「木へのまなざしを変えるアイデア」募集!

これまでにない国産材の使い方、体験シーン、コミュニケーションなどのアイデアを国内外から募集します。コンセプト画像や動画やプロトタイプなど、アイデアの形は自由。クリエイターの想像力を通して、国産材の魅力や見え方、つまり「木へのまなざし」を大胆にチェンジ(変換・転換・更新・拡張)できるアイデアが生まれることを期待しています。

WOOD CHANGE CHALLENGEとは?

日本の国土の約7割は森林で、このうち約半分が戦後に人の手で植えられた人工林です。
この人工林が今、大きく育ち、本格的な利用時期を迎えています。

日本の森林を永くすこやかに保つために必要なのは、この人工林を人が「伐って、使って、植えて、育てる」サイクルを繰り返すこと。つまり、国産材を“使う”ことが、このサイクルを回す大切な動力なのです。

今まさに豊富な日本の資源である国産材を使うために、何ができるだろう?

このプロジェクトでは、国産材の利用拡大に向け、クリエイティブなアプローチで、国産材の魅力や見え方、「木へのまなざし」のチェンジ(変換・転換・更新・拡張)にチャレンジをします。木材の加工技術や専門知識は必須ではありません。すでに木材を制作に利用しているクリエイターだけでなく、木材や森を偏愛している、これから使ってみたいと思っているクリエイターのアイデアも求めています。

これまでも、建築や製品など、専門的アプローチで国産材を活用する取組は行われてきました。しかし、国産材の利用の幅をチェンジする余地はまだまだあるはずです。

挑戦方法は大きく2つ。

こちらの「WOOD CHANGE AWARD」への応募、または「WOOD CHANGE CAMP」への参加。どちらか1つでも、2つにチャレンジしてもOKです!

WOOD CHANGE AWARD

本ページの「WOOD CHANGE AWARD」は、国内外から、2021年2月末時点で未発表の作品やプロトタイプ、コンセプトスケッチやサービスまで幅広くアイデアを募集。国産材にクリエイティブをかけあわせ、「もしかしてこんなに変わるかも(Would Change)」という自由奔放なアプローチを集めます。

多くの人はまだきっと国産材に無関心でしょう。そのひとりひとりの小さなまなざしや意識に変化を起こし、大きな課題解決へとつながる。そんな木と人間社会との物語がはじまる、Would Changeなアイデアを期待しています。

WOOD CHANGE CAMP

飛騨での2泊3日のインプット&アイディエーション合宿を実施する「WOOD CHANGE CAMP」。
合宿内で「メンター」 + 「木の専門家」 + 「 公募クリエイター」と、視点とビジョンの異なるチームを結成し、アイデアのアウトプットに磨きをかけていきます。
公募クリエイターは、国産材に何らかの可能性やモチベーションを感じている方であれば、木工の経験や実績は不問。
参加いただくクリエイターは、現在流通している国産材の利用に関して提出されたアイデアをもとに審査し、決定します。

WOOD CHANGE CAMPはこちら→

募集テーマと対象

【募集テーマ】

「木へのまなざしを変えるアイデア」

【サブテーマ】

以下、3つのチェンジを募集します。

  1. 木の特性の活かし方をチェンジする「MATERIALITY」・・・「プロダクト」のアイデア募集
  2. 木と人との関係をチェンジする「ACTIVITY」・・・「サービス、仕組み」のアイデア募集
  3. 木を使うことのイメージをチェンジする「STORYTELLING」・・・「コニュニケーション」のアイデア募集

アイデア例を見てみる→

【募集対象】

国産材の利用拡大や新たな利用につながる、コミュニケーション/プロダクト/サービスや仕組みに関するアイデア

※カテゴリーは不問。カタチのない活動、プロジェクト、パフォーマンスもOKです
※2021年2月末時点で製品化されているアイデアは募集の対象外となりますので、ご注意下さい。製品化前のもので、ご自身のポートフォリオサイト等で発表済みのものは応募対象です。また、形のないオンラインサービスや活動については、2021年2月末時点で、未実行・未運用であれば、計画段階、ローンチ前のサービスいずれも応募可能です。

実施スケジュール

  • 2020年11月18日(水)-2021年2月15日(月):アイデア募集
  • 2021年3月5日(金):授賞式
  • 2021年3月5日(金)-3月18日(木):代官山 蔦屋書店での入賞アイデア展示(予定)

参加のメリット

  • 受賞作品の代官山 蔦屋書店での展示(予定)
  • メディアでの露出(予定)
  • ロフトワークが持つ各チャンネルでの情報発信(Loftwork.com・MTRL・FabCafe・AWRD)
  • 株式会社ロフトワークのもつクリエイターネットワークへの参加
  • WOOD CHANGE CHALLENGE参加クリエイターとのネットワーキング
  • 木材業界とつながる機会に

※代官山 蔦屋書店での展示は、展示可能サイズ・数に限りがあるため、作品確認後に展示可否を最終判断、内容によってタブレット端末での画像/映像放映による展示を予定しています。

こんな方におすすめ

  • 実は木材に向き合ってみたかったクリエイター/デザイナー
  • 意味や意義からデザインする挑戦をしたい方
  • プランナー、グラフィックデザイナー、プログラマーetc.

審査基準

  • 意外性 : そうきたか!と唸らせる視点とアプローチの意外性があるか
  • 拡張性 : 国産材の価値や利用と、人々の日常・非日常を拡張するものかどうか
  • エモーション : 心動かされる体験を生むエッジな視点のアイデアか
  • ビリーバビリティ : ありえる!信じられる!リアリティや実現の可能性があるか

林野庁木材利用課長応援メッセージ

日本国土の約7割は森林。このうち約半分が戦後、人の手で植えられた人工林です。この人工林が今、利用期を迎えています。この人工林を「伐って、使って、植えて、育てる」というサイクルで維持していくことが日本の山を守るためにとても大切です。日本の未来を担う若い世代に、新しいアイデアで国産材を使い、もっと森とつながってほしいと考えています。

「WOOD CHANGE CHALLENGE」を通して、クリエイターが今までにない新しい国産材の使い方や、可能性のアイデアを出していくことで、国産材を使うことが環境によく、カッコいい!オモシロイ!と感じてもらえることを期待しています。

    賞について

    • GOLD×1アイデア

    • SILVER×1アイデア

    • BRONZE×1アイデア

    • ピックアップ賞

    審査員

    協力・協賛

    後援

    支援

    お問い合わせ

    前へ

    followを解除しました。