CREATIVES

  • 134

キンミライガッキの自動演奏楽器「タイム⇆マシン・シリーズ」

様々なギミックで稼働する自動演奏楽器を統合したシステム。
「サウンドシステムに変形する時計型レコードスクラッチマシン」「人工筋肉や回転機構で動作する、生物的弦楽器」「10万ボルトものスパークを鳴らすリズム照明」「伸縮する磁性体を打面に使った宇宙的打楽器」
など、現代のエンジニアリングによって実現した新しいアイデアの数々をサウンドアート・マシンとして実現しました。

タイム⇆マシンの名は、時間芸術である音楽の装置からきています。

タイム⇆マシン・シリーズ4種類

Back